第1章 Insights for RHEL Vulnerability サービスの概要

Vulnerability サービスを使用すると、RHEL インフラストラクチャーの Common Vulnerabilities and Exposures (CVE) に対するリスクを素早く評価して、全体的に監視し、最も重要な問題とシステムをこれまで以上に理解し、修復を効率的に管理できるようになります。

データが Vulnerability サービスにアップロードされると、システムおよび CVE のグループをフィルタリングしてソートし、ビューを絞り込み、最適化することができます。また、個別の CVE がシステムに深刻なリスクを及ぼす場合は、個別の CVE にコンテキストを追加することもできます。リスクの脆弱性を理解したら、CVE のステータスを適切なステークホルダーに報告してから、Ansible Playbook を作成して問題を修復し、組織のセキュリティーを保護します。

前提条件

Vulnerability サービスは、RHEL 6、7、8、および 9 のすべてのサポート対象バージョンで利用できます。Vulnerability サービスを使用する前に、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 各システムには、Insights クライアントがインストールされ、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションに登録されています。Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux スタートガイドの手順 に従って、クライアントをインストールし、システムを登録します。
  • Vulnerability サービスが、Red Hat Subscription Manager (RHSM) および Satellite 6 以降が管理する RHEL システムで完全にサポートされている。RHSM および Satellite 6、または subscription.redhat.com (カスタマーポータル) に登録されている RHSM 以外の、パッケージ更新の取得方法を使用すると、想定外の結果に陥る可能性があります。
  • Satellite 5 および Spacewalk がホストする RHEL システムでは、Vulnerability サービスの修正は完全にサポートされておらず、適切に機能しない場合がある。
  • 機能によっては、組織の管理者が提供する特別な権限が必要である。具体的には、特定の CVE およびシステムに関連付けられた Red Hat セキュリティーアドバイザリー (RHSA) を表示し、Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux Patch サービスで脆弱性を表示およびパッチするには、ユーザーアクセスで付与されるパーミッションが必要です。

1.1. Vulnerability サービスの仕組み

Vulnerability サービスは、Insights クライアントを使用して RHEL システムに関する情報を収集します。クライアントはシステムに関する情報を収集し、脆弱性サービスにアップロードします。

次に Vulnerability サービスは、Red Hat の CVE データベースとセキュリティーボットに対してデータを評価し、システムに影響を与える可能性のある未処理の CVE があるかを判断し、これらの比較の結果を提供します。

データを分析したら、表示される結果を表示して並べ替えたり、脆弱性のリスクと優先順位の評価、ステータスの報告、Ansible Playbook の作成およびデプロイ、修復ができます。Vulnerability サービスの目的は、RHEL インフラストラクチャーのセキュリティーの脆弱性から保護する反復可能なプロセスを有効にすることです。