3.3. Insights for RHEL グループフィルター

システムやワークロードのグループ別に Vulnerability サービスの結果をフィルタリングする機能を使用すると、特定のグループに所属するとのタグが付いたシステムだけを表示できます。これらは、Satellite ホストグループ、または Insights クライアント設定ファイルに追加されたカスタムタにより SAP ワークロード (または SAP ID) を実行しているシステムが考えられます。

グループフィルタリングは、Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーション全体のページ上部にある フィルター結果 ボックスを使用して、Insights for Red Hat Enterprise Linux でグローバルに設定できます。サービスやページが変わっても、グループの選択項目は維持されます。ただし、機能は、さまざまな Insights for Red Hat Enterprise Linux サービス内で異なります。

グループのフィルタリングは、Vulnerability ダッシュボードと Vulnerability サービスの CVE およびシステムリストで機能します。

本書の タグおよびシステムグループ のセクションでは、グループタグや、カスタムタグの設定について説明します。

3.3.1. グループ別のダッシュボード、CVE、およびシステムリストのフィルタリング

以下の手順に従って、グループ別に Vulnerability サービスの CVE およびシステムのリストを絞り込みます。

手順

  1. Red Hat Hybrid Cloud Console に移動し、ログインします。
  2. Red Hat Insights for Red Hat Enterprise Linux アプリケーションを開きます。
  3. Insights アプリケーションのページの上部にある Filter results ボックスの下矢印をクリックします。
  4. システムのフィルタリングに使用するグループを選択します。

    検索またはスクロールして、利用可能なタグを表示します。利用可能なタグの全リストを確認するには、リストの下部までスクロールし、View more をクリックします。

    任意:

    1. SAP ワークロードを選択します。
    2. 特定の SAP ID でシステムを選択します。
    3. Satellite ホストコレクションを選択します。
    4. カスタムグループタグで識別されるシステムを選択します。

      カスタムタグの作成方法は、本書の「カスタムのシステムタグ付け」を参照してください。

  5. サービスに移動し、選択したグループに所属するシステムまたは CVE のみを表示します。