1.2. サポートされる構成

Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux (RHEL) のマイナーバージョンごとに特定のバージョンの SCAP セキュリティーガイド (SSG) をサポートしています。SSG バージョンのルールおよびポリシーは、1 つの RHEL マイナーバージョンに対してのみ正確です。正確なコンプライアンスレポートを受け取るには、システムにサポートされている SSG バージョンがインストールされている必要があります。

Red Hat Enterprise Linux のマイナーバージョンは、サポートされている SSG バージョンが含まれている状態で出荷およびアップグレードされます。ただし、一部の組織では、アップグレードする前に、以前のバージョンを一時的に使用し続けることを決定する場合があります。

ポリシーにサポート対象外の SSG バージョンを使用するシステムが含まれる場合は、Security > Compliance > Reports のポリシーの横に、影響を受けるシステム数に続いて サポート対象外 の警告が表示されます。

注記

RHEL でサポートされている SCAP セキュリティーガイドのバージョンの詳細については、Insights コンプライアンス - サポートされている構成 を参照してください。

サポートされていないバージョンの SSG を実行しているシステムのコンプライアンスポリシーの例

img compl assess unsupported configuration example

1.2.1. コンプライアンスサービスに関するよくある質問

SSG パッケージ名をどのように解釈しますか?

パッケージ名は scap-security-guide-0.1.43-13.el7 のようになります。この場合、SSG バージョンは 0.1.43 です。リリースは 13 で、アーキテクチャーは el7 です。リリース番号は、表に記載されているバージョン番号と異なる場合があります。ただし、バージョン番号は、以下に示しているように、サポート対象の設定になるように一致させる必要があります。

使用中の RHEL マイナーバージョンで Red Hat がサポートする SSG が複数ある場合

RHEL 7.9 および RHEL 8.1 のように、RHEL マイナーバージョンで複数の SSG バージョンがサポートされる場合、Compliance サービスは利用可能な最新バージョンを使用します。

以前のポリシーが SSG でサポートされなくなった理由:

RHEL マイナーバージョンが古くなると、サポート対象の SCAP プロファイルも少なくなります。サポートされている SCAP プロファイルを確認するには、Insights コンプライアンス - サポートされている構成 を参照してください。

サポート対象外の設定の制限事項

以下の条件が、サポート対象外の設定の結果に適用されます。

  • Red Hat のサポート対象外の SSG バージョンを使用すると結果の精度が落ちる可能性があるため、ベストエフォートでの推測をもとにこれらの結果が出されます。

    重要

    サポート対象外のバージョンの SSG がインストールされているシステムの結果が依然として表示される可能性がありますが、コンプライアンスレポートの目的では、結果が正確ではないと見なされる可能性があります。

  • サポート対象外の SSG バージョンを使用するシステムに関する結果は、ポリシーの全体的なコンプライアンスアセスメントには 含まれません
  • サポート対象外の SSG バージョンがインストールされているシステムのルールでは、修正は利用できません。