3.2. リソース最適化サービスレポートのダウンロード

すべての登録済みシステムのリソース最適化レポートをダウンロードできます。このレポートは、過去 7 〜 45 日間に収集された次のデータを識別します。

  • 登録済みシステム。このセクションでは、最適、非最適、および古いシステムの数について詳しく説明します。最適化された状態は、24 時間にわたって CPU、RAM、およびディスク I/O の使用状況を CPU のアイドル時間と組み合わせて調べることによって決定されます。3 つの要因の調査に基づく計算の結果が中間点になる場合、リソース最適化サービスはシステムを最適化済みとしてラベル付けします。古いシステムは、リソース最適化サービスに 7 日間データを送信していないシステムとして定義されます。
  • Kernel Pressure Stall Information (PSI)。これは、PSI が有効になっているシステムの数、および PSI が有効になっていないシステムの数の分析です。PSI を使用すると、リソースのプレッシャーが増大するにつれて、その増加を特定できるため、より優れたシステムの推奨事項を受け取ることができます。
  • システムパフォーマンスの問題。RAM や CPU 関連のピークなど、特定のパフォーマンスの問題が発生回数とともに特定されます。
  • 現在最も使用されているインスタンスタイプ。このサービスは、登録されているすべてのシステムで最も頻繁に使用される上位 5 つのインスタンスタイプを評価および表示します。
  • 推奨のインスタンスタイプ。このサービスは、最新の使用率メトリクスに基づいて、頻繁に推奨される上位 5 つのインスタンスタイプを特定します。これは、リソースの割り当てを改善するために、変更が必要であることを示している可能性があります。
  • 45 日間の推奨のインスタンスタイプ。このメトリックは、45 日間の履歴データに基づいて、頻繁に推奨される上位 5 つのインスタンスタイプを表示します。また、最近行った変更の有効性を表示することもできます。

前提条件

エグゼクティブレポートの PDF を作成するには、次の前提条件と条件が満たされている必要があります。

  • Insights クライアントがシステムにインストールされ、操作可能である。
  • Performance Co Pilot がインストールされ、正しく設定されている。
  • 1 つ以上のシステムが登録されておりリソース最適化にデータを送信している。
注記

システムがリソース最適化に情報を送信している時間が長ければ長いほど、推奨事項はより正確で価値のあるものになります。

手順

  1. Business > Resource Optimization に移動します。
  2. 右上隅にある Download executive report をクリックします。
  3. Export successful というメッセージのダイアログボックスが表示され、タスクバーに PDF ファイルが表示されます。

関連情報

  • セクション 3.5「Kernel Pressure Stall Information (PSI) の有効化」を参照してください。
  • PCP ツールキット Web サイト: PCP Web サイト