第2章 resource-optimization コンポーネントのインストールおよび設定

リソース最適化のインストールには、パッケージのインストール、設定の構成、およびローカルサービスの有効化が含まれます。これは手動で行うことも、Red Hat が提供する Ansible Playbook を使用して行うこともできます。

表2.1 互換性情報

RHEL バージョンクラウドプロバイダーリソース最適化の互換性

8.x-9.x

AWS

✔ (x86_64 および ARM 64 ビット)

7.7-7.9

AWS

✔ (x86_64 および ARM 64 ビット)

7.0-7.6

AWS

6.x

AWS

前提条件

リソース最適化サービスを使用する前に、次のアプリケーションをインストールし、設定を確認する必要があります。

  • クラウドマーケットプレイスの RHEL インスタンスが設定されている。
  • Insights クライアントがシステムにインストールされ、操作可能である。
  • Ansible を使用してリソース最適化サービスをインストールまたはアンインストールする場合は、以下を行う。

    • Ansible リポジトリーが有効になり、Ansible クライアントが各システムにインストールされている。
    • システム管理者は Ansible Playbook を実行できる。

2.1. resource-optimization コンポーネントのインストール

resource-optimization コンポーネントのインストールには、いくつかのオプションがあります。お使いの Ansible ワークフローで使用可能なオプションを選択してください。

2.1.1. Ansible のインストールと resource-optimization インストール Playbook の実行

インストールプロセスを迅速化するために、Ansible の使用を推奨します。この手順では、Ansible クライアントをインストールし、システムで Ansible Playbook を実行します。

Amazon Web Services (AWS) のクラウドマーケットプレイスイメージは、クラウドプロバイダーによってホストされているリポジトリーを使用するように設定されています。現在、これらのリポジトリーには Ansible クライアントが含まれていないため、クラウドマーケットプレイスで管理されている RHEL システムで Ansible リポジトリーを有効にするには、次の手順を実行する必要があります。

注記

RHEL 8.6 以降および RHEL 9.0 では、Red Hat は Ansible Core を使用することを推奨しています。詳細は、RHEL 8.6 および 9.0 での Ansible の使用に関する更新事項 を参照してください。

前提条件

  • RHEL 8 で Ansible リポジトリーが有効になっている。

RHEL 8 の手順

  1. Ansible をインストールします。

    # yum install ansible -y

RHEL 7 の手順

  1. Subscription-manager リポジトリーを有効にして、システムを登録します。

    # subscription-manager config --rhsm.manage_repos=1
    # subscription-manager register
  2. オプションで、システムをサブスクリプションプールに接続します。

    # subscription-manager attach --pool xxxxxxxx
  3. 必要な Ansible リポジトリーを有効にします。

    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-ansible-2.9-rpms
  4. Ansible をインストールします。

    # yum install ansible -y
  5. RHEL PAYG を使用していて、RHUI 更新サーバーのみを使用する場合は、subscription-manager リポジトリーを無効にします。

    # subscription-manager config --rhsm.manage_repos=0

2.1.2. Ansible がすでにインストールされている場合のリソース最適化のインストール

Ansible をインストールしたら、リソース最適化サービスのインストールを完了します。

手順

  1. 次のコマンドを使用して Ansible Playbook をダウンロードします。

    $ curl -O https://raw.githubusercontent.com/RedHatInsights/ros-backend/v2.0/ansible-playbooks/ros_install_and_set_up.yml
  2. localhost という行を /etc/ansible/hosts に追加して、Ansible インベントリーに localhost を設定します。
  3. Ansible Playbook を実行します。

    # ansible-playbook -c local ros_install_and_set_up.yml

システムは「データの待機中」状態で Insights にすぐに表示され、データおよび提案は登録の翌日に利用可能になります。

検証手順

タイムスタンプ付きのデータファイルは /var/log/pcp/pmlogger/ros の下に表示され、数分後、メトリクスが収集されていることを確認できます。

$ ls -l /var/log/pcp/pmlogger/ros
$ pmlogsummary /var/log/pcp/pmlogger/ros/

2.1.3. Ansible をインストールまたは使用しない場合のリソース最適化のインストール

手順

インストールに Ansible を使用しないことを選択する場合は、以下の手動インストール手順を使用してください。

  1. 最新バージョンの insights-client がインストールされていることを確認します。

    $ yum update insights-client
  2. /etc/insights-client/insights-client.confcore_collect=True を設定します。
  3. Performance Co-Pilot (PCP) ツールキットをインストールします。

    $ sudo yum install pcp
  4. 次の内容で PCP 設定ファイル /var/lib/pcp/config/pmlogger/config.ros を作成します。

    log mandatory on default {
      hinv.ncpu
      mem.physmem
      mem.util.available
      disk.dev.total
      kernel.all.cpu.idle
      kernel.all.pressure.cpu.some.avg
      kernel.all.pressure.io.full.avg
      kernel.all.pressure.io.some.avg
      kernel.all.pressure.memory.full.avg
      kernel.all.pressure.memory.some.avg
    }
    [access]
    disallow .* : all;
    disallow :* : all;
    allow local:* : enquire;
  5. リソースの最適化に必要なメトリクスを収集するように pmlogger を設定するには、次の行を /etc/pcp/pmlogger/control.d/local に追加します。

    LOCALHOSTNAME	n   n	PCP_LOG_DIR/pmlogger/ros	-r -T24h10m -c config.ros -v 100Mb
    注記

    この手順の以前のバージョンでは、この行は LOCALHOSTNAME n y で始まっていました。今後は、この手順では LOCALHOSTNAME n n を使用することを推奨します。これにより、pmsocks の使用が無効になります。pmsocks の詳細は、pmsocksman ページを参照してください。

  6. 必要な PCP サービスを開始して有効にします。

    $ sudo systemctl enable pmcd pmlogger
    $ sudo systemctl start pmcd pmlogger
  7. Insights-client を再登録し、アーカイブをアップロードします。システムは「データの待機中」状態で Insights にすぐに表示され、データおよび提案は登録の翌日に利用可能になります。

    $ sudo insights-client --register

検証手順

タイムスタンプ付きのデータファイルは /var/log/pcp/pmlogger/ros の下に表示され、数分後、メトリクスが収集されていることを確認できます。

$ ls -l /var/log/pcp/pmlogger/ros
$ pmlogsummary /var/log/pcp/pmlogger/ros/