A.2. ストレージ用語

ブリック
信頼できるストレージプール内のサーバーにエクスポートされるディレクトリー。
キャッシュ論理ボリューム
大規模で低速な論理ボリュームのパフォーマンスを改善するのに使用される小規模で高速な論理ボリューム。
geo-replication
ソースの Gluster ボリュームからターゲットボリュームへのデータの非同期レプリケーション。Geo レプリケーションは、ローカル領域ネットワークおよびインターネット全体で機能します。ターゲットボリュームは、異なる信頼できるストレージプールの Gluster ボリューム、または別のタイプのストレージになります。
Gluster ボリューム
ワークロードの要件に応じてデータを分散、複製、または分散するように設定できるブリックの論理グループ。
論理ボリューム管理 (LVM)
物理ディスクを大きな仮想パーティションに統合する方法。物理ボリュームはボリュームグループに配置され、必要に応じて論理ボリュームに分割できるストレージのプールを形成します。
Red Hat Gluster Storage
Red Hat Enterprise Linux をベースとするオペレーティングシステムは、分散型のソフトウェア定義のストレージをサポートする追加パッケージが含まれています。
ソースボリューム
データが geo レプリケーション時にコピーされる Gluster ボリューム。
ストレージホスト
クライアントアクセス用にストレージを提供する物理マシン。
ターゲットボリューム
geo レプリケーション時にデータがコピーされる Gluster ボリュームまたは他のストレージボリューム。
シンプロビジョニング
必要な領域のみが作成時に割り当てられるように、プロビジョニングストレージは、時間の経過に応じてさらに領域を動的に割り当てられるようにします。
シックプロビジョニング
すぐに領域が必要かどうかに関係なく、すべての領域が作成時に割り当てられるようにプロビジョニングストレージをプロビジョニングします。
信頼できるストレージプール
信頼されるピアとして相互に認識する Red Hat Gluster Storage サーバーのグループ。