第4章 デプロイメントワークフロー

Red Hat Hyperconverged Infrastructure for Virtualization (RHHI for Virtualization) をデプロイするワークフローは次のとおりです。

  1. 計画されたデプロイメントがサポート要件を満たしていることを確認します。2章サポート要件
  2. ハイパーコンバージドホストとして機能する物理マシンをインストールします。「ホスト物理マシンをインストールする」
  3. パスワードを使用せずにキーベースの SSH 認証を設定して、ホストの自動設定を有効にします。5章パスワードなしの公開鍵ベースの SSH 認証の設定
  4. Web コンソールを使用して物理ホスト上に Red Hat Gluster Storage を設定します。6章Web コンソールを使用した Hosted Engine 用 Red Hat Gluster Storage の設定
  5. Web コンソールを使用してホスト型エンジンをデプロイします。7章Web コンソールを使用した Hosted Engine のデプロイ
  6. 管理ポータルを使用して Red Hat Gluster Storage ノードを設定します。管理ポータルにログインして設定を完了します

4.1. ホスト物理マシンをインストールする

物理マシンをハイパーコンバージドホストとして使用するには、オペレーティングシステムと適切なソフトウェアリポジトリーへのアクセスが必要です。

  1. Red Hat Virtualization Host を各物理マシンにインストールします。
  2. 各物理マシンで Red Hat Virtualization Host ソフトウェアリポジトリーを有効にします。

4.1.1. Red Hat Virtualization Host のインストール

Red Hat Virtualization Host は、Red Hat Virtualization のハイパーバイザー、または Red Hat Hyperconverged Infrastructure のハイパーコンバージドホストとして機能する物理マシンをセットアップするために設計された最小限のオペレーティングシステムです。

前提条件

  • 物理マシンが 物理マシン で説明されている要件を満たしていることを確認してください。

手順

  1. カスタマーポータルから Red Hat Virtualization Host ISO イメージをダウンロードします。

    1. カスタマーポータル (https://access.redhat.com) にログインします。
    2. メニューバーの Downloads をクリックします。
    3. Red Hat Virtualization をクリックします。上にスクロールして Download Latest をクリックし、製品のダウンロードページにアクセスします。
    4. Hypervisor Image for RHV 4.3 に移動し、Download Now をクリックします。
    5. 起動可能なメディアデバイスを作成します。詳細については、Red Hat Enterprise Linux Installation GuideMaking Media を参照してください。
  2. Red Hat Virtualization Host をインストールするマシンを起動し、準備されたインストールメディアから起動します。
  3. ブートメニューから Install RHVH 4.3 を選択し、Enter を押します。

    注記

    Tab キーを押してカーネルパラメーターを編集することもできます。カーネルパラメーターはスペースで区切る必要があります。Enter キーを押すと、指定したカーネルパラメーターを使用してシステムを起動できます。Esc キーを押すと、カーネルパラメーターへの変更がすべてクリアされ、ブートメニューに戻ります。

  4. 言語を選択し、Continue をクリックします。
  5. 日付と時刻 画面からタイムゾーンを選択し、完了 をクリックします。

    重要

    Red Hat は、すべてのホストで協定世界時 (UTC) を使用することを推奨します。これにより、データ収集と接続が夏時間などの現地時間の変動による影響を受けないようにすることができます。

  6. キーボード 画面からキーボードレイアウトを選択し、完了 をクリックします。
  7. [インストール先] 画面からインストール先を指定します。

    重要
    • Red Hat は、Automatically configure partitioning オプションを使用することを強くお勧めします。
    • デフォルトではすべてのディスクが選択されているため、インストール場所として使用したくないディスクの選択を解除します。
    • 保存時の暗号化はサポートされていません。暗号化を有効にしないでください。
    • Red Hat では、/var/log のサイズを 15 GB 以上に増やして、Red Hat Gluster Storage の追加ロギング要件に十分な領域を提供することを推奨します。

      オペレーティングシステムのインストール後にこのパーティションのサイズを増やすには 、Web コンソールを使用した論理ボリュームの拡張 の手順に従ってください。

    Done をクリックします。

  8. ネットワークとホスト名 画面からイーサネットネットワークを選択します。

    1. 設定…全般 をクリックし、利用可能な場合、このネットワークに自動的に接続する チェックボックスをオンにします。
  9. オプションで 言語サポートセキュリティーポリシー、および Kdump を設定します。インストール概要 画面の各セクションの詳細については 、Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイドAnaconda を使用したインストール を参照してください。
  10. Begin Installation をクリックします。
  11. root パスワードを設定し、必要に応じて Red Hat Virtualization Host のインストール中に追加のユーザーを作成します。

    警告

    Red Hat では、ローカルセキュリティーの脆弱性が悪用される可能性があるため、Red Hat Virtualization Host 上に信頼できないユーザーを作成しないことを強く推奨します。

  12. Reboot をクリックしてインストールを完了します。

    注記

    Red Hat Virtualization Host が再起動すると、nodectl check は ホスト上でヘルスチェックを実行し、コマンドラインでログインすると結果が表示されます。node status: OK または node status: DEGRADED のメッセージはヘルスステータスを示します。nodectl check を実行して詳細情報を取得します。このサービスはデフォルトで有効になっています。

4.1.2. ソフトウェアリポジトリーの有効化

  1. Web コンソールにログインします。

    管理 FQDN とポート 9090 を使用します (例: https://server1.example.com:9090/)。

  2. Subscriptions に移動し、Register System をクリックしてカスタマーポータルのユーザー名とパスワードを入力します。

    Red Hat Virtualization Host のサブスクリプションが自動的にシステムにアタッチされます。

  3. Terminal をクリックします。
  4. Red Hat Virtualization Host 7 のリポジトリーを有効にして、Red Hat Virtualization Host に対する後続の更新を可能にします。

    # subscription-manager repos --enable=rhel-7-server-rhvh-4-rpms