1.3. ユーザーアクセスグループ、ロール、パーミッション

ユーザーアクセスは以下のカテゴリーを使用して、組織管理者がサポートされる Red Hat Hybrid Cloud Console サービスに付与できるユーザーアクセスのレベルを決定します。許可されたユーザーに提供されるアクセスは、そのユーザーが属するグループと、そのグループに割り当てられたロールによって異なります。

  • Group: ロールをユーザーにマッピングするアカウントに属するユーザーのコレクション。組織管理者は、グループを使用してグループにロールを割り当て、グループにユーザーを追加することができます。ロールがなく、ユーザーがないグループも作成できます。
  • Role: Insights などの特定サービスへのアクセスを提供するパーミッションのセット。特定の操作を実行するパーミッションは特定のロールに割り当てられます。ロールはグループに割り当てられます。たとえば、サービスに read ロールと write ロールがあるとします。両方のロールをグループに追加すると、そのグループのすべてのメンバーに、そのサービスの読み取りおよび書き込みパーミッションが付与されます。
  • Permissions: サービスの要求可能な個別のアクション。パーミッションはロールに割り当てられます。

組織管理者は、ロールとユーザーをグループに追加するか、削除します。グループは、組織管理者によって作成された新規グループにすることも、グループを既存グループにすることもできます。特定のロールを持つグループを作成し、そのグループにユーザーを追加することにより、そのグループとそのメンバーが Red Hat Hybrid Cloud Console サービスと対話する方法を制御できます。

グループにユーザーを追加すると、そのグループのメンバーになります。グループメンバーは、所属する他のすべてのグループのロールを継承します。ユーザーインターフェイスは Members タブにユーザーを一覧表示します。