1.4. Splunk インテグレーションの手動設定

Splunk 自動インストール/セットアッププロセス用の Red Hat Insights アプリケーションは、Hybrid Cloud Console アカウントへの Splunk インテグレーションを自動的に設定します。この手順は、インテグレーションを手動で設定する場合に使用してください。

前提条件

  • Splunk Cloud または Splunk Enterprise からの HTTP イベントコレクター(HEC) URL がある。
  • Splunk Cloud または Splunk Enterprise から HEC トークン値を取得している。
  • Notifications administrator ロールで Hybrid Cloud Console にログインしている。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Integrations に移動します。
  2. Reporting & Automation タブを選択します。
  3. Add integration をクリックします。
  4. インテグレーションタイプとして Splunk を選択し、Next をクリックします。
  5. 新しいインテグレーションの名前を Integration Name フィールドに入力します (例: redhat_splunk)。
  6. Endpoint URL フィールドに、Splunk HEC エンドポイント URL を追加します。

    1. Splunk Enterprise の場合、Splunk はデフォルトでポート 8088 を使用します。例: https://<splunk-endpoint>:8088
    2. Splunk Cloud の場合、Splunk はポート 443 を使用します。Splunk Cloud on AWS または GCP の詳細は Send data to HTTP Event Collector を参照してください。

      注記

      サービスは <endpoint> (http パス) を自動的に追加します。エンドポイント URL のフォーム入力に含める必要はありません。

      以下の例は、Splunk プラットフォームの正しいポート番号を持つエンドポイント URL を示しています。

      • オンプレミス (Splunk Enterprise): https://splunk.company.com:8088
      • Splunk Cloud (AWS 上): https://http-inputs-mycompany.splunkcloud.com:443
      • Splunk Cloud (GCP 上): https://http-inputs.mycompany.splunkcloud.com:443
  7. Secret token フィールドに、Splunk HEC トークンの値を追加します。
  8. Next をクリックします。
  9. インテグレーションの詳細を確認し、Submit をクリックします。

関連情報