3.2. Red Hat Hybrid Cloud Console での Slack インテグレーションの設定

受信 Webhook 用に Slack チャネルを設定している場合は、その Slack チャネルにイベント通知を送信するように Hybrid Cloud Console を設定できます。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud Console の Organization Administrator または Notifications administrator の権限がある。
  • 受信 Webhook を受信するように設定した Slack チャネルの名前がある。インテグレーション用の Slack チャネルの設定に関する詳細は、「受信 Webhook と統合するための Slack の設定」 を参照してください。
  • 受信 Webhook に設定した Slack チャネルの Slack Webhook URL をコピーしている。Slack Webhook URL の詳細は、「受信 Webhook と統合するための Slack の設定」 を参照してください。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Integrations に移動します。
  2. Communications タブを選択します。
  3. Add integration をクリックします。
  4. インテグレーションタイプとして Slack を選択し、Next をクリックします。
  5. インテグレーションの名前を入力します (例: SLACK_INTEGRATION)。
  6. Slack の Webhook URL フィールドからコピーした Slack Webhook URL を Workspace URL フィールドに貼り付けます。
  7. Slack 側のセットアップ中に設定された Slack チャネルの名前を Channel フィールドに追加します。
  8. Next をクリックします。
  9. インテグレーションの詳細を確認し、Submit をクリックしてインテグレーションを有効にします。
  10. Notifications > Configure Events に移動します。
  11. イベント通知動作を設定するアプリケーションバンドルタブ (Red Hat Enterprise LinuxConsole、または OpenShift) を選択します。
  12. Behavior Groups タブをクリックして、新しいエンドポイントを既存の動作グループに追加するか、新しい動作グループを作成します。動作グループの作成の詳細は、通知動作グループの設定 を参照してください。
  13. Edit Behavior Group をクリックします。
  14. Actions 列で Integration: Slack を選択します。
  15. 設定済みの Slack インテグレーションのリストが Recipient ドロップダウンリストに表示されます。前に作成したインテグレーション名を選択します。

    img notif add slack channel

  16. Next をクリックします。Associate event types ウィンドウが開きます。
  17. 通知が必要なイベントタイプを選択し、Next をクリックします。Review ウィンドウが開きます。
  18. 動作グループの設定を確認し、Finish をクリックします。

    注記

    複数の動作グループを作成および編集して、通知サービスがサポートする追加のプラットフォームを含めることができます。

  19. Settings > Integrations の順に選択し、Communications タブをクリックします。Slack インテグレーションがイベントを Slack に送信する準備ができると、Last connection attempts 列に Ready が表示されます。通知が Slack に正常に到達した場合は、Last connection attempts 列に Success と表示されます。

    img notif ready success

検証

  1. Settings > Notifications > Event Log に移動します。Integration: Slack は、イベントの Actions 列にリストされます。通知が成功した場合、インテグレーションのラベルは緑色になります。
  2. インテグレーションをロールオーバーして、イベントが送信されたことを確認します。

関連情報