6.3. Google Chat インテグレーション用の動作グループの作成

動作グループは、通知サービスが特定のイベントを受信したときに、Google Chat などの外部サービスにどの通知を送信するかを定義します。イベントは、Red Hat Hybrid Cloud Console サービスから動作グループにリンクできます。

前提条件

  • Organization Administrator または Notifications administrator のパーミッションを持つユーザーとして Hybrid Cloud Console にログインしている。
  • Google Chat インテグレーションの設定が完了している。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Notifications に移動します。
  2. NotificationsConfigure Events を選択します。
  3. イベント通知動作を設定するアプリケーションバンドルタブ (Red Hat Enterprise LinuxConsole、または OpenShift) を選択します。
  4. Behavior Groups タブをクリックします。
  5. Create behavior group ウィザードを開くには、Create new group をクリックします。
  6. 動作グループの名前を入力し、Next をクリックします。
  7. Actions and Recipients の手順で、Actions ドロップダウンリストから Integration: Google Chat を選択します。
  8. Recipient ドロップダウンリストから、作成したインテグレーションの名前 (console-gchat など) を選択し、Next をクリックします。
  9. Associate event types ステップで、通知を送信する 1 つ以上のイベント (Policies: Policy triggered など) を選択し、Next をクリックします。
  10. 動作グループの設定を確認し、Finish をクリックします。新しい動作グループが Notifications ページに表示されます。

検証

  1. Hybrid Cloud Console 通知をトリガーするイベントを作成します。たとえば、ポリシーイベントをトリガーするシステムで insights-client を実行します。
  2. 数分待ってから、Google Chat に移動します。
  3. Google Space で、Hybrid Cloud Console からの通知を確認します。
  4. Hybrid Cloud Console で、Settings > Notifications > Event Log に移動して、Integration: Google Chat のラベルが表示されているイベントを確認します。

    • ラベルが緑色であれば、通知は成功しています。
    • ラベルが赤色の場合は、インテグレーションを調整する必要がある可能性があります。
  5. インテグレーションが想定どおりに機能しない場合は、受信 Webhook コネクターが Google Chat で適切に作成されていること、および正しい受信 Webhook URL が Hybrid Cloud Console インテグレーション設定に追加されていることを確認してください。

    注記

    詳細は、通知ドキュメントの イベントログおよびインテグレーション設定での通知の失敗 を参照してください。