第6章 イベントログおよびインテグレーション設定での通知の失敗に関するトラブルシューティング

通知サービスのイベントログにより、Notifications administrator は、通知が適切に機能していないことを容易に確認できます。イベントログは、Red Hat Hybrid Cloud Console アカウントでトリガーされたイベントと、過去 14 日間に (関連する動作グループで設定されたように) 実行されたアクションリストを提供します。

img notif event log

各イベントは、Action taken 列で緑または赤で強調表示されたインテグレーションタイプを表示し、メッセージ転送のステータスを示しています。フィルター可能なイベントログは、失敗した通知イベントを確認し、エンドポイントの潜在的な問題を特定するための便利なトラブルシューティングツールです。Notifications administrator は、イベントログで失敗したアクションを確認した後、インテグレーション画面でエンドポイントと最後の 5 回の接続試行のステータスを確認できます。

インテグレーションサービスでは、以下のコネクションステータスは色で反映されます。

  • 緑: 過去 5 回の送信が成功しました。
  • 赤: 過去 5 回の送信が失敗しました (タイムアウト、404 エラーなど)。
  • 黄: 接続が低下し、過去 5 回の送信のうち少なくとも 2 回は失敗しました。
  • 不明: インテグレーションが呼び出されていないか、動作グループに関連付けられていません。

イベントログは、メールの受信に関連する質問に回答できます。イベントのメールアクションを緑で表示することで、イベントログにより、Notifications administrator は電子メールが正常に送信されたことを確認できます。

通知やインテグレーションが適切に設定された場合でも、Hybrid Cloud Console アカウントの個々のユーザーは、ユーザー設定を設定してメールを受け取ります。

ユーザーが Webhook インテグレーションタイプを使用して通知を受信する前に、Notification administrator は組織の優先 Webhook アプリケーションのエンドポイントを設定する必要があります。

前提条件

  • Notifications administrator または Organization Administrator のパーミッションを持つユーザーとして Hybrid Cloud Console にログインしている。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Notifications > Event Log に移動します。

    1. イベント、アプリケーション、アプリケーションバンドル、アクションタイプ、またはアクションステータスごとにイベントリストをフィルターします。
    2. 今日、昨日、過去 7 日間、過去 14 日間 (デフォルト) のイベントを表示する期間を選択するか、過去 14 日間のカスタム範囲を設定します。
    3. Date and time の列を昇順または降順に並べ替えます。
  2. Settings > Notifications > Configure Events に移動し、イベントで設定を検証または変更します。
  3. メール通知を受信するためのユーザー設定を確認するようユーザーに依頼します。通知やインテグレーションが適切に設定された場合でも、Hybrid Cloud Console アカウントの個々のユーザーは、それぞれのユーザー設定を設定してメールを受け取ります。

関連情報