第5章 メール通知のユーザー設定

Red Hat Hybrid Cloud Console の各ユーザーは、メール通知メールを受け取るようにオプトインする必要があります。通知を受信するサービスと頻度を選択できます。

重要

サービスの Instant notification を選択すると、非常に多くのメールを受け取る可能性があります。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud Console にログインしている。
  • コンソールで関連するイベントを設定している。
  • 通知管理者または組織管理者が、イベント通知を受け取るように動作グループを設定している。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Notifications > Notification Preferences に移動します。
  2. Advisor や User Access など、通知を設定するサービスを選択します。選択したサービスで利用可能なイベント通知のリストが開きます。
  3. リストの上部にある Select all をクリックしてサービスの全通知を有効にするか、リストされている各イベントに対して次のオプションのいずれかを選択します。

    • Daily digest: 24 時間以内に発生する、トリガーされたアプリケーションイベントの日次概要が送信されます。このオプションはすべてのサービスで利用できるわけではありません。
    • Instant notification: トリガーされたアプリケーションイベントごとにメールがすぐ送信されます。

      重要

      サービスの Instant notification を選択すると、非常に多くのメールを受け取る可能性があります。

    • Weekly report: Advisor Weekly Report を含むメールが送信されます。これは現在、Insights for RHEL Advisor サービスでのみ利用できます。
  4. 情報を更新してから、Save をクリックします。

メール通知は、選択した形式および頻度で配信されます。

注記

通知の受信を停止する場合は、Deselect all を選択するか、通知を受信しないイベントのボックスのチェックを外して、Save をクリックします。この画面に戻って再度有効にしない限り、メール通知は受信されなくなります。

5.1. 日次ダイジェストメールの通知時間のカスタマイズ

イベントの発生時に通知を受け取る代わりに、Red Hat Hybrid Cloud Console サービスで発生sし、トリガーされたアプリケーションイベントの概要を毎日のダイジェストメールで受け取ることを選択できます。

デフォルトでは、毎日のダイジェストは協定世界時 (UTC) の 00:00 に送信されます。

組織管理者と通知管理者は、毎日のダイジェストの送信時刻をカスタマイズできます。毎日のダイジェストは、通知設定で指定した時刻から開始して、24 時間の時間枠で発生したイベントのスナップショットを提供します。

前提条件

  • Organization Administrator または Notifications administrator のパーミッションを持つユーザーとして Hybrid Cloud Console にログインしている。

手順

  1. Hybrid Cloud Console で、Settings > Notifications > Notification Preferences に移動します。
  2. My Notifications ページで、Edit time settings をクリックします。
  3. Custom time を選択し、アカウントの日次ダイジェストのメールを送信する時間とタイムゾーンを指定します。
  4. Save をクリックします。

    注記

    新しい時刻を保存すると、Hybrid Cloud Console は新しい時刻を UTC タイムゾーンに変換します。

毎日のダイジェストメールは、毎日、選択した時刻に送信されます。