第2章 通知を管理するためのユーザーアクセスの設定

通知設定とインテグレーション設定を行うには、Notifications administrator のロールを持つグループのメンバーである必要があります。このグループは、組織管理者によってユーザーアクセスで設定される必要があります。Red Hat Hybrid Cloud Console > Settings > Identity & Access Management > User Access > Groups で、組織管理者は以下の基本手順を実行します。

  1. Notifications administrator のユーザーアクセスグループを作成します。
  2. Notifications administrator ロールをグループに追加します。
  3. メンバー (アカウントアクセスを持つユーザー) をグループに追加します。

組織管理者

組織管理者は、Notifications administrator のユーザーアクセスグループを設定してから、Notifications administrator ロールおよびユーザーをグループに追加します。

Notifications administrator

Notifications administrator は、サービスが通知と対話する方法を設定します。Notifications administrator は、動作グループを設定して、サービスがユーザーにイベントを通知する方法を定義します。管理者は、追加のインテグレーションが利用可能になったときに設定したり、既存のインテグレーションを編集、無効化、および削除したりできます。

Notifications viewer

Notifications viewer ロールは、アカウントのすべてのユーザーに自動的に付与され、ユーザーが通知サービスビューおよび設定と対話する方法を制限します。ビューアーは通知設定を表示できますが、変更または削除できません。また、ビューアーは、インテグレーションを設定、修正、削除できません。

関連情報

2.1. Hybrid Cloud Console での通知グループの作成と設定

Hybrid Cloud Console アカウントの組織管理者は、Notifications administrator ロールを持つグループを作成し、そのグループにメンバーを追加します。

前提条件

  • Red Hat Hybrid Cloud Console に組織管理者としてログインしている。

手順

  1. Settings > Identity & Access Management をクリックします。
  2. Identity & Access Management で、必要に応じて User Access を展開し、Groups を選択します。
  3. Create Group をクリックします。
  4. Notifications administrators などのグループ名と説明を入力してから、Next をクリックします。
  5. このグループに追加するロールを選択します (この場合は Notifications administrator)。そのロールのチェックボックスをクリックしてから、Next をクリックします。
  6. グループにメンバーを追加します。個々のユーザーを検索するか、ユーザー名、メール、またはステータスでフィルタリングします。対象となる各メンバーの名前の横にあるチェックボックスにチェックを入れてから、Next をクリックします。
  7. 詳細を確認して、すべてが正しいことを確認します。戻って変更する必要がある場合は Back をクリックします。
  8. Submit をクリックしてグループの作成を終了します。