Menu Close

第6章 Karaf の Fuse スタンドアロンのアップグレード

Fuse on Apache Karaf アップグレードメカニズムにより、更新されたバージョンの Fuse on Karaf を再インストールしなくても、修正を Apache Karaf コンテナーに適用できます。また、アップグレードが原因でデプロイされたアプリケーションで問題が発生した場合に、アップグレードをロールバックすることもできます。

アップグレードのインストーラーファイルは、Fuse on Apache Karaf をインストールするのに使用するファイルと 同じもの です。

注記

アップグレードのインストーラーファイルを取得するには、Red Hat カスタマーポータルの Downloads ページに移動し、Fuse on Apache Karaf の最新バージョンの Fuse on Apache Karaf 用インストールアーカイブをダウンロードします (例: fuse-karaf-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001.zip)。

6.1. Fuse on Karaf のアップグレードの影響

アップグレードのメカニズムは、バンドル JAR および 静的ファイル (たとえば etc/ ディレクトリー下の設定ファイルなど) を含む、すべての インストールファイルへの更新を行うことができます。Fuse on Apache Karaf のアップグレードプロセス:

  • バンドル JAR、設定ファイル、静的ファイルなどのファイルが更新されます。
  • 現在のコンテナーインスタンス (および data/ ディレクトリー下のランタイムストレージ) とベースのインストール両方にパッチを適用します。そのため、コンテナーインスタンスの削除後もパッチは保持されます。
  • 機能リポジトリーファイルや機能自体など、Karaf 機能に関連するすべてのファイルを更新します。そのため、ロールパッチ後にインストールされるすべての機能は、正しいパッチが適用された依存関係を参照します。
  • 必要な場合は、設定ファイル(例: etc/ にあるファイル) を更新し、パッチによる設定変更に伴う設定変更を自動的にマージします。マージの競合が発生した場合は、パッチログで、その処理方法を確認してください。
  • マージの競合のほとんどは、自動的に解決されます。たとえば、パッチメカニズムはプロパティーファイルのプロパティーレベルで競合を検出します。これは、プロパティーを変更したのがユーザーかパッチかを検出します。変更は、1 つの側のみがプロパティーが変更した場合に保持されます。
  • インストールに追加された すべての 変更を追跡し (静的ファイルを含む)、パッチをロールバックできるようにします。

    注記

    ロールアウトパッチメカニズムは、内部の git リポジトリー (patches/.management/history の場所にある) を使用して、変更を追跡します。