Menu Close

3.4. ロールベースのアクセス参照

表3.1「Karaf スタンドアロンでのロールベースアクセス」 に記載されているとおり、認証されたユーザーが実行できる操作はそのユーザーに割り当てられたロールによって異なります。

表3.1 Karaf スタンドアロンでのロールベースアクセス

操作adminmanager (マネージャー)viewer

ログイン/ログアウト

可能

可能

可能

ヘルプトピックの表示

可能

可能

可能

ユーザー設定の指定

可能

可能

可能

接続

   

リモートインテグレーションの検出および接続

可能

可能

可能

ローカルインテグレーションの検出および接続

可能

可能

可能

Camel

   

実行中の Camel アプリケーションをすべて表示

可能

可能

可能

Camel コンテキストの開始、一時停止、再開、および削除

可能

可能

 

メッセージの送信

可能

可能

 

エンドポイントの追加

可能

可能

 

ルート、ルート図、およびランタイム統計の表示

可能

可能

可能

ルートの起動と停止

可能

可能

 

ルートの削除

可能

可能

 

JMX

   

属性値の変更

可能

可能

 

タイムベースチャートで属性を選択および表示

可能

可能

可能

操作の表示

可能

可能

可能

OSGI

   

バンドル、機能、パッケージ、サービス、サーバー、フレームワーク、および設定を表示

可能

可能

可能

バンドルの追加および削除

可能

可能

 

設定の追加

可能

可能

 

機能のインストールおよびアンインストール

可能

  

Runtime

   

システムプロパティー、メトリクス、およびスレッドの表示

可能

可能

可能

Logs

   

ログの表示

可能

可能

可能

その他のリソース

ロールベースアクセス制御の詳細は、『Deploying into Apache Karaf』を参照してください。