Menu Close

3.15. ログエントリーの表示

Logs タブで Red Hat Fuse のログエントリーを表示できます。

前提条件

Logs タブは、Java アプリケーションに Log MBean が含まれる場合に利用できます。

手順

  1. ログエントリーのリストを表示するには、Log Entries タブをクリックします。

    デフォルトでは、リストのログエントリーは昇順で表示されます。

    各ログエントリーをドリルダウンすると、ログエントリーに関する詳細情報が表示されます。

  2. ログのリストを絞り込み、特定のログタイプを表示するには、Action Bar をクリックします。テキスト文字列またはログレベルを基にしてログエントリーセクションを絞り込むことができます。
  3. Fuse Console のデフォルト設定を変更するには、以下を行います。

    1. Fuse Console の右上隅にあるユーザーアイコンをクリックして、ドロップダウンメニューの Preferences をクリックします。

      mf preferences

    2. デフォルトのソート順序を変更するには、Server Logs を選択し、ログエントリーリンクをクリックして、バンドル名、スレッド、完全なメッセージテキストなどのログエントリーに関する詳細を表示します。
    3. 任意で、ログメッセージを格納するための設定をカスタマイズすることができます。

      • Fuse Console に保持するログステートメントの数 (デフォルトは 100)。
      • グローバルログレベル: INFO (デフォルト)、OFF、ERROR、WARN、および DEBUG
      • 子レベルのメッセージには、hawtio-oauthhawtio-core-utils などが含まれます。
    4. Fuse Console のログ設定をデフォルトの値に戻すには、ResetReset settings とクリックします。