Menu Close

1.3. OpenShift 3.11 での Fuse Console の設定

OpenShift 3.11 では、Fuse Console にアクセスできます。

  • Fuse Console を OpenShift プロジェクトに追加することで、プロジェクトで実行しているすべての Fuse コンテナーを監視できます。
  • Fuse Console を OpenShift クラスターに追加することで、クラスターのすべてのプロジェクトで実行しているすべての Fuse コンテナーを監視できます。
  • 特定の Fuse Pod からこれを開くことで、その実行中の 1 つの Fuse コンテナーを監視できます。

コマンドラインから Fuse Console テンプレートをデプロイします。

注記

Minishift または CDK ベースの環境変数に Fuse Console をインストールするには、以下の KCS の記事で説明されている手順に従います。

  • Minishift または CDK ベースの環境に Fuse Console をインストールするには、「KCS 4998441」を参照してください。
  • Jolokia 認証を無効にする必要がある場合は、「KCS 3988671」で説明されている回避策を参照してください。

前提条件

  • Fuse on OpenShift ガイド』の説明に従って、Fuse Console の Fuse on OpenShift イメージストリームおよびテンプレートをインストールする必要があります。
注記
  • Fuse Console のユーザー管理は、OpenShift によって処理されます。
  • ロールベースアクセス制御 (デプロイ後に Fuse Console にアクセスするユーザーの場合) は現在 Fuse on OpenShift 3.11 では使用できません。

「OpenShift 3.11 での Fuse Console のデプロイ」

「OpenShift 3.11 の Fuse Console から単一の Fuse Pod を監視」

1.3.1. OpenShift 3.11 での Fuse Console のデプロイ

表1.1「Fuse Console テンプレート」 は、Fuse アプリケーションのデプロイメントのタイプに応じて、コマンドラインから Fuse Console をデプロイするために使用する OpenShift 3.11 テンプレートについて説明しています。

表1.1 Fuse Console テンプレート

タイプ説明

fis-console-cluster-template.json

Fuse Console は、複数の namespace またはプロジェクトにまたがってデプロイされた Fuse アプリケーションを検出し、接続することができます。このテンプレートをデプロイするには、OpenShift の cluster-admin ロールが必要です。

fis-console-namespace-template.json

このテンプレートは、Fuse Console の現在の OpenShift プロジェクト (namespace) へのアクセスを制限するため、単一のテナントデプロイメントとして動作します。このテンプレートをデプロイするには、現在の OpenShift プロジェクトの admin ロールが必要です。

任意で以下のコマンドを実行すると、すべてのテンプレートのパラメーターの一覧を表示できます。

oc process --parameters -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-790047-redhat-00005/fis-console-namespace-template.json
注記

Fuse Console のテンプレートは、デフォルトでエンドツーエンド暗号化を設定するため、Fuse Console のリクエストはブラウザーからクラスター内のサービスまでエンドツーエンドでセキュア化されます。

前提条件

  • OpenShift 3.11 のクラスターモードでは、cluster admin ロールとクラスターモードテンプレートが必要です。以下のコマンドを実行します。

    oc adm policy add-cluster-role-to-user cluster-admin system:serviceaccount:openshift-infra:template-instance-controller

手順

コマンドラインから Fuse Console をデプロイするには、以下を行います。

  1. 以下のコマンドの 1 つを実行して、Fuse Console テンプレートをベースとした新しいアプリケーションを作成します。コマンドの myproject はプロジェクトの名前に置き換えます。

    • Fuse Console の cluster テンプレートの場合は、以下のようになります。myhost は Fuse Console にアクセスするホストの名前になります。

      oc new-app -n myproject -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-790047-redhat-00005/fis-console-cluster-template.json -p ROUTE_HOSTNAME=myhost
    • Fuse Console の namespace テンプレートの場合は以下のようになります。

      oc new-app -n myproject -f https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/application-templates-2.1.0.fuse-sb2-790047-redhat-00005/fis-console-namespace-template.json
      注記

      namespace テンプレートの route_hostname パラメーターは OpenShift によって自動的に生成されるため、省略することが可能です。

  2. 以下のコマンドを実行して、Fuse Console デプロイメントの状態と URL を取得します。

    oc status
  3. ブラウザーから Fuse Console にアクセスするには、提供される URL (例: https://fuse-console.192.168.64.12.nip.io) を使用します。