Menu Close

4.7. リモート Fuse アプリケーションへの接続

Fuse Console は Jolokia を使用します。Jolokia は、クライアントに追加のソフトウェア (エージェント) をインストールする必要がある Java Management Extensions (JMX) にエージェントベースで対応します。Red Hat Fuse には jolokia エージェントがデフォルトで含まれています。

スタンドアロン Fuse Console ディストリビューションでは、内部ですでに jolokia エージェント (https://jolokia.org/) が実行されているリモートインテグレーションに接続することができます。接続するプロセス内に jolokia エージェントがない場合は、jolokia のドキュメント (http://jolokia.org/agent.html) を参照してください。

4.7.1. Fuse Console のアンロック

デフォルトでは、JBoss EAP 上の Fuse 7 スタンドアロンの Jolokia はロックされ、Fuse Console はリモートでアクセスできません。

locahost127.0.0.1 以外のホスト名や IP アドレスの Fuse Console をアンロックするには、以下の手順にしたがいます。

  1. エディターで $EAP_HOME/standalone/configuration/jolokia-access.xml ファイルを開きます。
  2. Fuse Console でアクセスする Fuse インテグレーションのホスト名または IP アドレスを登録するため、<cors> セクションにホスト名または IP アドレスを追加します。

    たとえば、Fuse Console からホスト名 0.0.0.3 にアクセスするために追加する行は次のとおりです。

    *<allow-origin>http://0.0.0.3:*</allow-origin>*

    この行を次のように追加します。

    <!--
    
      Cross-Origin Resource Sharing (CORS) restrictions
    
      By default, only CORS access within localhost is allowed for maximum security.
    
      You can add trusted hostnames in the <cors> section to unlock CORS access from them.
    
      -->
    
      <cors>
    
        <!-- Allow cross origin access only within localhost -->
    
        <allow-origin>http*://localhost:*</allow-origin>
    
        <allow-origin>http*://127.0.0.1:*</allow-origin>
    
        <allow-origin>http://0.0.0.3:*</allow-origin>
    
        <!-- Whitelist the hostname patterns as <allow-origin> -->
    
        <!--
    
        <allow-origin>http*://*.example.com</allow-origin>
    
        <allow-origin>http*://*.example.com:*</allow-origin>
    
        -->
    
        <!-- Check for the proper origin on the server side to protect against CSRF -->
    
        <strict-checking />
    
      </cors>
  3. ファイルを保存します。