Menu Close

2.3. Fuse Console ブランディングのカスタマイズ

hawtconfig.json ファイルを Fuse on Spring Boot スタンドアロンアプリケーションに追加すると、タイトル、ロゴ、ログインページの情報などの Fuse Console ブランディング情報をカスタマイズできます。

手順

  1. ローカルの Fuse on Spring Boot スタンドアロ:ンアプリケーションの src/main/webapp ディレクトリーに hawtconfig.json という名前の JSON ファイルを作成します。
  2. 任意のエディターで src/main/webapp/hawtconfig.json を開き、以下の内容を追加します。

    {
      "branding": {
        "appName": "Red Hat Fuse Console",
        "appLogoUrl": "img/Logo-Red_Hat-Fuse-A-Reverse-RGB.png",
        "companyLogoUrl": "img/Logo-RedHat-A-Reverse-RGB.png"
      },
      "login": {
        "description": "",
        "links": []
      },
      "about": {
        "title": "Red Hat Fuse Console",
        "productInfo": [],
        "additionalInfo": "",
        "copyright": "",
        "imgSrc": "img/Logo-RedHat-A-Reverse-RGB.png"
      },
      "disabledRoutes": [
        "/camel/source",
        "/diagnostics",
        "/jvm/discover",
        "/jvm/local"
      ]
    }
  3. 表A.1「Fuse Console 設定プロパティー」 に記載されている設定プロパティーの値を変更します。
  4. 変更を保存します。
  5. 以下のコマンドを使用して Fuse on Spring Boot を実行します。

    mvn spring-boot:run
  6. Web ブラウザーで、URL http://localhost:10001/actuator/hawtio/index.html を使用して、Fuse Console を開きます。
注記

Web ブラウザーで Fuse Console をすでに実行した場合、ブランディングはブラウザーのローカルストレージに保存されます。新しいブランディング設定を使用するには、ブラウザーのローカルストレージをクリアする必要があります。