Menu Close

4.3. Fuse Console ブランディングのカスタマイズ

Fuse Console ブランディングプラグインを使用すると、タイトル、ロゴ、ログインページの情報などの Fuse Console ブランディング情報をカスタマイズできます。

デフォルトでは、Fuse Console のブランディングは Fuse Console WAR ファイル (eap-install-dir/standalone/deployments/hawtio-wildfly-<version>.war) にある hawtconfig.json ファイルで定義されます。Fuse Console ブランディングプラグインを実装すると、デフォルトのブランディングを独自のカスタムブランディングで上書きすることができます。

手順

  1. ブランディングプラグインの例を https://github.com/hawtio/hawtio/tree/master/examples/branding-plugin から任意のローカルディレクトリーにダウンロードします。
  2. 任意のエディターで、Fuse Console ブランディングプラグインの src/main/webapp/plugin/brandingPlugin.js ファイルを開き、Fuse Console ブランディングをカスタマイズします。

    表A.1「Fuse Console 設定プロパティー」 に記載されている設定プロパティーの値を変更できます。

  3. 変更を保存します。
  4. 任意のエディターで、Fuse Console ブランディングプラグインの pom.xml ファイルをその <parent> セクションで開きます。

    <parent>
        <groupId>io.hawt</groupId>
        <artifactId>project</artifactId>
        <version>2.9-SNAPSHOT</version>
        <relativePath>../..</relativePath>
      </parent>
  5. 以下のように <parent> セクションを編集します。

    1. <version> プロパティーの値を Fuse on EAP インストールのバージョンに一致するよう変更します。たとえば、EAP on Karaf インストールディレクトリー名が 2.0.0.fuse-760015 の場合は、バージョンを 2.0.0.fuse-760015 に設定します。
    2. <relativePath>../..</relativePath> を削除します。

      以下に例を示します。

      <parent>
          <groupId>io.hawt</groupId>
          <artifactId>project</artifactId>
          <version> 2.0.0.fuse-760015</version>
            </parent>
  6. ターミナルウィンドウで、以下のコマンドを実行し、branding-plugin プロジェクトをビルドします。

    mvn clean install

    このコマンドによって、プロジェクトの /target フォルダーに branding-plugin.war ファイルが作成されます。

  7. branding-plugin.war ファイルを EAP インストールの standalone/deployments ディレクトリーにコピーします。
  8. Fuse が稼働していない場合は、以下のコマンドを実行して起動します。

    Linux/Mac OS の場合: ./bin/standalone.sh

    Windows の場合: ./bin/standalone.bat

  9. Web ブラウザーで、8. の起動コマンドによって返された URL を使用して、Fuse Console を開きます (デフォルトの URL は http://localhost:8080/hawtio です)。
注記

Web ブラウザーで Fuse Console をすでに実行した場合、ブランディングはブラウザーのローカルストレージに保存されます。新しいブランディング設定を使用するには、ブラウザーのローカルストレージをクリアする必要があります。