Menu Close

3.16. Prometheus メトリクスの有効化

Prometheus は、スタンドアロン Apache Karaf コンテナーにデプロイされたサービスの監視に使用できる、システムおよびサービスを対象としたオープンソースの監視および警告ツールキットです。Prometheus は、指定の間隔で設定されたサービスからメトリクスを収集および保存します。さらに、ルール式の評価や結果の表示を行い、指定の条件が true になるとアラートをトリガーできます。

重要

Prometheus に対する Red Hat のサポートは、Red Hat 製品ドキュメントに記載されているセットアップと推奨設定に限定されます。

Prometheus は、クライアントにインストールおよび設定された「exporter」を使用して、エンドポイントを Prometheus 形式で公開します。このエンドポイントは、メトリクスのリストとメトリクスの現在の値を提供する HTTP インターフェースです。Prometheus は定期的にターゲット定義の各エンドポイントをスクレイピングし、収集したデータをそのデータベースに書き込みます。Prometheus は、現在実行中のセッションだけでなく、長期間にわたってデータを収集します。Prometheus は、データ上でクエリーをグラフィカルに可視化し、実行できるように、データを格納します。

3.16.1. スタンドアロン Apache Karaf コンテナーからメトリクスのエクスポートを有効化

Prometheus は、Camel によって公開されるメトリクスが含まれる設定ファイル (https://raw.githubusercontent.com/jboss-fuse/application-templates/master/prometheus/prometheus-config.yml) を使用します。

注記

識別できるメトリクスは、JMX で提供されるメトリクスに限定されます。

Apache Camel メトリクスを生成するには、Fuse アプリケーションをデプロイする必要があります。

手順

コマンドラインを使用して、スタンドアロン Apache Karaf コンテナーから Prometheus メトリクスのエクスポートを有効にするには、以下を実行します。

  1. コマンドプロンプトを開き、現在の場所が Apache Karaf インストールの etc/ ディレクトリーであることを確認します。
  2. 以下のコマンドを入力して、etc/ ディレクトリーのサンプルファイルから Prometheus 設定ファイルを作成します。

    cp prometheus-config.yml-example prometheus-config.yml
  3. エクスポーターは、fuse または fuse.bat コマンドを使用して Fuse を起動する場合のみ使用できます。Linux または Unix の場合は bin/fuse、Windows の場合は bin\fuse.bat を実行します。
  4. Fuse の再起動後、http://localhost:9779 で Web ブラウザーを開くと、公開されたメトリクスを表示できます。
注記

必要に応じて、コマンドラインから KARAF_PROMETHEUS_PORT および KARAF_PROMETHEUS_CONFIG 設定変数のデフォルト値を変更できます。