Menu Close

4.6. AMQ to REST API インテグレーションの動作を確認

AMQ to REST API サンプルインテグレーションを作成し、パブリッシュした後、定義されたとおりに動作していることを確認できます。

前提条件

Fuse Online のインテグレーションのリストで、作成およびデプロイ済みの AMQ to REST API インテグレーションの横に Running が表示されています。

手順

  1. 新しいブラウザーウインドウで、Fuse Online 環境の URL の前に todo- を挿入して、To Do アプリケーション画面に移動します。例: http://todo-app-proj761432.6a63.fuse-ignite.openshiftapps.com/
  2. To Do アプリケーション画面で Show JMS Form をクリックし、XML メッセージを含む入力ボックスを表示します。
  3. Send JMS Message をクリックし、そのメッセージを OpenShift プロジェクトの Red Hat AMQ ブローカーに送信します。

    実行に成功すると、To Do アプリケーションクライアント API からタスクが返されます。このタスクによって、破損した製品の IDの と仕入先連絡情報が特定されます。タスクがしばらく表示されない場合は、ページをリロードしてください。

  4. 次のようにXML メッセージを編集して、破損した商品を 2 つ指定します。

    1. Show JMS Form をクリックし、メッセージの入力ボックスを再度表示します。
    2. XML メッセージで、破損していない商品のエントリーを変更して damaged="true" を指定します。
    3. Send JMS Message をクリックします。To Do アプリケーションクライアント API は、破損した 2 つの商品の ID と 2 つの仕入先の連絡先情報が含まれる新しいタスクを返します。
  5. 次のようにXML メッセージを編集して、独自の ID を指定します。

    1. Show JMS Form をクリックします。
    2. XML メッセージで、damaged="true" が指定された商品のアイテム ID を変更します。たとえば 1234 に変更します。
    3. Send JMS Message をクリックします。To Do アプリケーションクライアント API は、入力したアイテム ID が含まれる新しいタスクを返します。
  6. 任意で、インテグレーションログを表示して、予期せぬ結果のトラブルシューティングや、インテグレーション実行の詳細確認を行います。

    1. Fuse Online の左パネルで Integrations をクリックします。
    2. AMQ to REST API インテグレーションのエントリーを表示します。
    3. インテグレーションの概要ページで Activity タブをクリックします。
    4. アクティビティー情報を表示するインテグレーションの実行をクリックします。