Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

3.2. Spring Boot CXF JAXRS Keycloak クイックスタートのビルドおよびデプロイ

この例は、Keycloak でセキュアにされた Apache CXF JAXRS を Spring Boot と使用する方法を示しています。クイックスタートは Spring Boot を使用して、Keycloak によってセキュアにされた、Swagger が有効な CXF JAXRS エンドポイントが含まれるアプリケーションを設定します。このクイックスタートはスタンドアロンモードで実行できます。

注記

これはアップストリームのデモであり、Red Hat からのサポートはありません。『Deploying into Spring Boot』の「Using Spring Boot BOM」セクションを参照してください。

手順

このクイックスタートをローカルマシンでスタンドアロンプロジェクトとして実行するには、以下を行います。

  1. Spring Boot CXF JAXRS Keycloak クイックスタートを https://github.com/ffang/spring-boot-cxf-keycloak からダウンロードし、ローカルファイルシステムでアーカイブを展開します。
  2. クイックスタートディレクトリーに移動し、プロジェクトをビルドします。

    cd PROJECT_DIR
    mvn clean package
  3. 以下のコマンドを実行して Spring Boot CXF JAXRS Keycloak クイックスタートをビルドし、デプロイします。

    mvn spring-boot:run

    これにより、CXF JAXRS SB2 エンドポイントとともに事前定義された設定 (./src/main/resources/keycloak-config/realm-export-new.json) で Keycloak 認証サーバーが起動されます。

  4. その後、Web ブラウザーから CXF JAXRS エンドポイントに直接アクセスできます。たとえば、http://localhost:8080/services/helloservice/sayHello/FIS を開いてエンドポイントにアクセスします。CXF JAXRS エンドポイントは Keycloak によってセキュア化されるため、リクエストが Keycloak 認証サーバーにリダイレクトされます。
  5. ユーザー名には admin、パスワードには passw0rd を入力します。これにより OAuth2 JWT トークンが取得され、CXF JAXRS エンドポイントにリダイレクトされます。ブラウザーに Hello FIS, Welcome to CXF RS Spring Boot World!!! メッセージが表示されます。