Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.3. Externalized Configuration ブースターのビルドおよび実行

Externalized Configuration (外部化設定) ブースターは、Apache Camel ルートの設定を外部化する方法の例を提供します。Spring Boot スタンドアロンデプロイメントでは、設定データは application.properties ファイルに保存されます。

注記

Fuse on OpenShift デプロイメントでは、設定データは ConfigMap オブジェクトに保存されます。

前提条件

手順

Externalized Configuration ミッションの 「ブースタープロジェクトの生成」 の手順に従った後、以下のステップに従って Externalized Configuration ブースターをローカルマシンのスタンドアロンプロジェクトとしてビルドおよび実行します。

  1. プロジェクトをダウンロードし、ローカルファイルシステムでアーカイブを展開します。
  2. プロジェクトをビルドします。

    cd PROJECT_DIR
    mvn clean package
  3. サービスを実行します。

    mvn spring-boot:run
  4. Web ブラウザーで http://localhost:8080 を開きます。このページは、5 秒ごとに Greeting Service を呼び出します。Greetings サービスは、target/classes/application.properties ファイルから booster.nameToGreetvalue を使用して応答します。

    Greeting Service は「default」へのグリーティングを 5 秒ごとに出力します。

    外部化設定ブースターの greeting サービスの出力
  5. booster.nameToGreet の値を変更します。

    1. エディターで target/classes/application.properties ファイルを開きます。
    2. booster.nameToGreetvalue の値を、default から他の値 (例: Thomas) に変更します。

      booster.nameToGreetvalue=Thomas
  6. ターミナルウィンドウで CTRL+C を押してサービスを停止します。
  7. サービスを再実行します。

    mvn spring-boot:run
  8. Web ブラウザーで http://localhost:8080 ページに戻り、Greeting Service の Results ウィンドウで変更された値を確認します。

    greeting サービス出力の変更点