Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

2.2. サーキットブレーカーブースターのビルドと実行

Netflix/Hystrix サーキットブレーカーコンポーネントは、ネットワーク接続の中断や、バックエンドサービスの一時的な利用停止に分散アプリケーションが対応できるようにします。サーキットブレーカーパターンの基本概念は、バックエンドサービスが一時的に利用できなくなった場合に、依存するサービスの損失が自動的に検出され、代替動作をプログラムで作成できることです。

Fuse サーキットブローカーブースターは 2 つの関連サービスで構成されます。

  • 対象の名前を返す name サービス
  • 名前を取得するために name サービスを呼び出し、文字列 Hello, NAME を返す greetings サービス

このデモンストレーションでは、Hystrix サーキットブレーカーは greetings サービスと name サービスとの間に挿入されます。name サービスが利用できなくなると、greetings サービスは name サービスが再起動するまでの間にブロックまたはタイムアウトせずに、代替動作にフォールバックして即座にクライアントに応答することができます。

前提条件

手順

以下の手順に従って、サーキットブレーカーブースタープロジェクトをビルドおよび実行します。

  1. シェルプロンプトを開き、Maven を使用してコマンドラインからプロジェクトをビルドします。

    cd PROJECT_DIR
    mvn clean package
  2. 新しいシェルプロンプトを開き、以下のように name サービスを起動します。

    cd name-service
    mvn spring-boot:run -DskipTests -Dserver.port=8081

    Spring Boot が起動すると、以下のような出力が表示されます。

    ...
    2017-12-08 15:44:24.223  INFO 22758 --- [           main] o.a.camel.spring.SpringCamelContext      : Total 1 routes, of which 1 are started
    2017-12-08 15:44:24.227  INFO 22758 --- [           main] o.a.camel.spring.SpringCamelContext      : Apache Camel 2.20.0 (CamelContext: camel-1) started in 0.776 seconds
    2017-12-08 15:44:24.234  INFO 22758 --- [           main] org.jboss.fuse.boosters.cb.Application   : Started Application in 4.137 seconds (JVM running for 4.744)
  3. 新しいシェルプロンプトを開き、以下のように greetings サービスを起動します。

    cd greetings-service
    mvn spring-boot:run -DskipTests

    Spring Boot が起動すると、以下のような出力が表示されます。

    ...
    2017-12-08 15:46:58.521  INFO 22887 --- [           main] o.a.c.c.s.CamelHttpTransportServlet      : Initialized CamelHttpTransportServlet[name=CamelServlet, contextPath=]
    2017-12-08 15:46:58.524  INFO 22887 --- [           main] s.b.c.e.t.TomcatEmbeddedServletContainer : Tomcat started on port(s): 8080 (http)
    2017-12-08 15:46:58.536  INFO 22887 --- [           main] org.jboss.fuse.boosters.cb.Application   : Started Application in 6.263 seconds (JVM running for 6.819)

    greetings サービスは、URL http://localhost:8080/camel/greetings で REST エンドポイントを公開します。

  4. http://localhost:8080 にアクセスします。

    このページを開くと、Greeting Service が呼び出されます。

    Circuit Breaker greeting サービス

    このページには、サーキットブレーカーの状態を監視する Hystrix ダッシュボードへのリンクも提供されます。

    サーキットブレーカープロジェクト用の Hystrix ダッシュボード
  5. Camel Hystrix によって提供されるサーキットブレーカー機能を実証するには、name サービスが実行されているシェルプロンプトウインドウで Ctrl+C を押して、バックエンド name サービスを中止します。

    これで name サービスが利用できなくなるため、呼び出されたときに greetings サービスがハングしないよう、サーキットブレーカーが作動します。

  6. Hystrix Monitor ダッシュボードおよび Greeting Service の出力で変更を確認します。

    Greeting サービスの出力