Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

A.4. Maven アーティファクトおよびコーディネート

Maven ビルドシステムでは、アーティファクト が基本のビルドブロックです。ビルド後のアーティファクトの出力は、通常 JAR や WAR ファイルなどのアーカイブになります。

Maven の主な特徴として、アーティファクトを検索し、検索したアーティファクト間で依存関係を管理できる機能が挙げられます。Maven コーディネート は、特定のアーティファクトの場所を特定する値のセットです。基本的なコーディネートには、以下の形式の 3 つの値があります。

groupId:artifactId:version

基本的なコーディネートに packaging の値、または packagingclassifier の値の両方を追加することがあります。Maven コーディネートには以下の形式のいずれかを使用できます。

groupId:artifactId:version
groupId:artifactId:packaging:version
groupId:artifactId:packaging:classifier:version

値の説明は次のとおりです。

groupdId
アーティファクトの名前の範囲を定義します。通常、パッケージ名のすべてまたは一部をグループ ID として使用します。例: org.fusesource.example
artifactId
グループ名に関連するアーティファクト名を定義します。
version
アーティファクトのバージョンを指定します。バージョン番号には n.n.n.n のように最大 4 つの部分を含めることができ、最後の部分には数字以外の文字を含めることができます。たとえば 1.0-SNAPSHOT の場合、最後の部分は英数字のサブ文字列である 0-SNAPSHOT になります。
packaging
プロジェクトのビルド時に生成されるパッケージ化されたエンティティーを定義します。OSGi プロジェクトでは、パッケージングは bundle になります。デフォルト値は jar です。
classifier
同じ POM からビルドされた内容が異なるアーティファクトを区別できるようにします。

アーティファクトの POM ファイルの要素は、以下のようにアーティファクトのグループ ID、アーティファクト ID、パッケージング、およびバージョンを定義します。

<project ... >
  ...
  <groupId>org.fusesource.example</groupId>
  <artifactId>bundle-demo</artifactId>
  <packaging>bundle</packaging>
  <version>1.0-SNAPSHOT</version>
  ...
</project>

前述のアーティファクトの依存関係を定義するには、以下の dependency 要素を POM ファイルに追加します。

<project ... >
  ...
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>org.fusesource.example</groupId>
      <artifactId>bundle-demo</artifactId>
      <version>1.0-SNAPSHOT</version>
    </dependency>
  </dependencies>
  ...
</project>
注記

バンドルは特定タイプの JAR ファイルで、jar はデフォルトの Maven パッケージタイプであるため、前述の依存関係に bundle パッケージを指定する必要はありません。依存関係でパッケージタイプを明示的に指定する必要がある場合は、type 要素を使用できます。