Menu Close

5.9. JPA

JPA インテグレーションは Camel JPA コンポーネント によって提供されます。persistence.xml 設定ファイルを一部の JPA アノテーションが付けられたクラスとともに提供することにより、Camel JPA アプリケーションを開発できます。

5.9.1. persistence.xml の例

以下の例では、JBoss EAP standalone.xml 設定ファイル内で設定された JBoss EAP インメモリー ExampleDS データソースを使用できます。

<persistence version="2.0"
    xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/persistence" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
    xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/persistence http://java.sun.com/xml/ns/persistence/persistence_2_0.xsd">

    <persistence-unit name="camel">
        <jta-data-source>java:jboss/datasources/ExampleDS</jta-data-source>
        <class>org.wildfly.camel.test.jpa.model.Customer</class>
        <properties>
            <property name="hibernate.hbm2ddl.auto" value="create-drop"/>
            <property name="hibernate.show_sql" value="true"/>
        </properties>
    </persistence-unit>

</persistence>