Menu Close

5.6.2.2. JMS コンシューマー

JMS メッセージを使用するために、Camel RouteBuilder 実装はプロデューサーの例と似ています。

前述と同様に、接続ファクトリーは JNDI から検出され、JMSComponent インスタンスに注入および設定されます。

JMS エンドポイントが WildFlyCamelQueue 宛先からメッセージを消費すると、コンテンツはコンソールに記録されます。

@Override
public void configure() throws Exception {
  JmsComponent component = new JmsComponent();
  component.setConnectionFactory(connectionFactory);

  getContext().addComponent("jms", component);

  from("jms:queue:WildFlyCamelQueue")
  .to("log:jms?showAll=true");
}