Menu Close

5.6. JMS

メッセージングサポートは、JBoss EAP Messaging (ActiveMQ Artemis) サブシステムと統合される JMS コンポーネントを介して提供されます。

他の JMS 実装とのインテグレーションは、ベンダー固有のリソースアダプターを設定するか、使用できない場合は、JBoss Generic JMS リソースアダプターを使用して行うことができます。

5.6.1. JBoss EAP JMS 設定

標準の JBoss EAP XML 設定ファイルを使用して JBoss EAP messaging サブシステム を設定できます。たとえば、standalone.xml または domain.xml です。

この例では、メモリーインスタンスで組み込み ActiveMQ Artemis を使用します。最初に、以下の XML 設定を jms-destinations セクションに追加して、messaging サブシステムの新しい JMS キューを設定します。

<jms-queue name="WildFlyCamelQueue">
  <entry name="java:/jms/queue/WildFlyCamelQueue"/>
</jms-queue>

または、CLI スクリプトを使用してキューを追加することもできます。

$ jms-queue add --queue-address=WildFlyCamelQueue --entries=queue/WildFlyCamelQueue,java:/jms/queue/WildFlyCamelQueue

また、カスタム jms.xml デプロイメント記述子内に messaging-deployment 設定を作成することもできます。詳細は、JBoss EAP messaging サブシステムサブシステムのドキュメント内の「Deployment of -jms.xml files」セクションを参照してください。