Menu Close

第5章 Jarkarta EE インテグレーション

本章では、Jarkarta EE とのインテグレーションポイントに必要な情報を提供します。

5.1. CDI

Camel CDI コンポーネントは、CDI を依存性注入フレームワークとして使用して、Apache Camel の自動設定を提供します。ただし、設定よりも規約に基づいています。CDI Bean で Camel アノテーションを簡単に使用できるように、標準の Camel Bean インテグレーションを実装します。

CDI の詳細は、cdi ドキュメントを参照してください。

以下の例は、ルートで Camel Context を使用および関連付けする方法を表しています。

@Startup
@ApplicationScoped
@ContextName("cdi-context")
public class MyRouteBuilder extends RouteBuilder {

    @Override
    public void configure() throws Exception {
    	from("direct:start").transform(body().prepend("Hi"));
    }
}
@Inject
@ContextName("cdi-context")
private CamelContext camelctx;

5.1.1. XML DSL 設定のインポート

Camel CDI インテグレーションを使用すると、@ImportResource アノテーションで既存の XML DSL ファイルをインポートできます。

@ImportResource("camel-context.xml")
class MyBean {
}
注記

インポートされたファイルの場所がデプロイメントクラスパスに存在する必要があります。ファイルを WEB-INF などの場所に配置しても機能しません。ただし、WEB-INF/classes は問題なく機能します。