Menu Close

第3章 Features

本章では、Camel on EAP の機能に必要な情報を提供します。

Camel コンテキスト定義

Camel コンテキストは、以下のようなサブシステム定義の一部として standalone-camel.xml および domain.xml で設定できます。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:camel:1.0">
   <camelContext id="system-context-1">
     <![CDATA[
     <route>
       <from uri="direct:start"/>
       <transform>
         <simple>Hello #{body}</simple>
       </transform>
     </route>
     ]]>
   </camelContext>
</subsystem>

Camel コンテキストデプロイメント

-camel-context.xml サフィックスを使用すると、以下として Camel コンテキストを JBossEAP にデプロイできます。

  • スタンドアロンの XML ファイル
  • その他のサポートされるデプロイメントの一部

デプロイメントには、複数の -camel-context.xml ファイルが含まれる場合があります。

デプロイされた Camel コンテキストは、以下のように CDI のインジェクトが可能です。

@Resource(lookup = "java:jboss/camel/context/mycontext")
CamelContext camelContext;
[discrete]
### Management Console

デフォルトでは、管理コンソールへのアクセスは保護されています。したがって、最初に管理ユーザーを設定する必要があります。

$ bin/add-user.sh

What type of user do you wish to add?
 a) Management User (mgmt-users.properties)
 b) Application User (application-users.properties)

Hawt.io コンソールには、サブシステム設定の camel コンテキストが表示されるはずです。

hawtio camel 01

Arquillian テストサポート

Camel on EAP テストスイートは WildFly Arquillian 管理のコンテナーを使用します。これにより、すでに実行中の JBoss EAP インスタンスに接続したり、必要に応じてスタンドアロンサーバーインスタンスを起動したりできます。

Arquillianテストケースにこれらの Camel on EAP 固有のタイプを注入できるようにする、多数のテスト Enricher が実装されています。

@ArquillianResource
CamelContextFactory contextFactory;

@ArquillianResource
CamelContextRegistry contextRegistry;