Menu Close

第4章 設定

本章では、Camel サブシステムおよびデプロイメント設定に必要な情報を提供します。

Camel サブシステムの設定

Camel サブシステム設定には、静的ルートが含まれる場合があります。ただし、システムはルートを自動的に開始します。

<subsystem xmlns="urn:jboss:domain:camel:1.0">
   <camelContext id="system-context-1">
     <![CDATA[
     <route>
       <from uri="direct:start"/>
       <transform>
         <simple>Hello #{body}</simple>
       </transform>
     </route>
     ]]>
   </camelContext>
</subsystem>

Camel デプロイメント設定

Camel デプロイメントのデフォルト設定を変更する場合は、デプロイメントで WEB-INF/jboss-all.xml または META-INF/jboss-all.xml 設定ファイルのいずれかを編集できます。

jboss-all.xml ファイル内の <jboss-camel> XML 要素を使用して、Camel 設定を制御します。

Camel サブシステムの無効化

camel サブシステムをデプロイメントに追加しない場合は、jboss-camel XML 要素で enabled="false" 属性を設定します。

jboss-all.xml ファイルの例:

<jboss umlns="urn:jboss:1.0">
  <jboss-camel xmlns="urn:jboss:jboss-camel:1.0" enabled="false"/>
</jboss>

コンポーネントの選択

ネストされた <component> または <component-module> XML 要素を追加する場合、Camel コンポーネントのデフォルトリストをデプロイメントに追加する代わりに、指定されたコンポーネントのみがデプロイメントに追加されます。

jboss-all.xml ファイルの例:

<jboss umlns="urn:jboss:1.0">
  <jboss-camel xmlns="urn:jboss:jboss-camel:1.0">
    <component name="camel-ftp"/>
    <component-module name="org.apache.camel.component.rss"/>
  </jboss-camel>
</jboss>