Menu Close

15.3.6. Mvn URL 設定の確認

Mvn URL ハンドラーは、ローカルの Maven リポジトリーへの参照を解決し、リモート Maven リポジトリーのリストを維持します。Mvn URL を解決するとき、ハンドラーは最初にローカルリポジトリーを検索し、その後にリモートリポジトリーを検索して、指定された Maven アーティファクトを特定します。Mvn URL の解決に問題がある場合は、最初に、ハンドラー設定をチェックして、URL の解決に使用するローカルリポジトリーとリモートリポジトリーを確認する必要があります。

Mvn URL 設定を確認するには、コンソールで以下のコマンドを入力します。

JBossFuse:karaf@root> config:edit org.ops4j.pax.url.mvn
JBossFuse:karaf@root> config:proplist

config:edit コマンドは、config ユーティリティーに フォーカスを org.ops4j.pax.url.mvn 永続 ID に属するプロパティーに切り替えます。config:proplist コマンドは、現在の永続 ID のプロパティー設定をすべて出力します。org.ops4j.pax.url.mvn にフォーカスすると、以下のような一覧が表示されるはずです。

   org.ops4j.pax.url.mvn.defaultRepositories = file:/path/to/JBossFuse/jboss-fuse-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001/system@snapshots@id=karaf.system,file:/home/userid/.m2/repository@snapshots@id=local,file:/path/to/JBossFuse/jboss-fuse-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001/local-repo@snapshots@id=karaf.local-repo,file:/path/to/JBossFuse/jboss-fuse-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001/system@snapshots@id=child.karaf.system
   org.ops4j.pax.url.mvn.globalChecksumPolicy = warn
   org.ops4j.pax.url.mvn.globalUpdatePolicy = daily
   org.ops4j.pax.url.mvn.localRepository = /path/to/JBossFuse/jboss-fuse-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001/data/repository
   org.ops4j.pax.url.mvn.repositories = http://repo1.maven.org/maven2@id=maven.central.repo, https://maven.repository.redhat.com/ga@id=redhat.ga.repo, https://maven.repository.redhat.com/earlyaccess/all@id=redhat.ea.repo, https://repository.jboss.org/nexus/content/groups/ea@id=fuseearlyaccess
   org.ops4j.pax.url.mvn.settings = /path/to/jboss-fuse-7.9.0.fuse-790071-redhat-00001/etc/maven-settings.xml
   org.ops4j.pax.url.mvn.useFallbackRepositories = false
   service.pid = org.ops4j.pax.url.mvn

localRepository 設定には、ハンドラーによって現在使用されているローカルリポジトリーの場所が表示され、リポジトリー 設定はハンドラーで現在使用されているリモートリポジトリー一覧を表示します。