Menu Close

第15章 URL ハンドラー

Red Hat Fuse には、リソースの場所を指定する URL を提供する必要がある多くのコンテキストがあります (たとえば、コンソールコマンドへの引数として) 。通常、URL を指定する場合、Fuse のビルトイン URL ハンドラーによってサポートされるスキームのいずれかを使用できます。この付録では、利用可能なすべての URL ハンドラーの構文を説明します。

15.1. ファイル URL ハンドラー

15.1.1. 構文

ファイル URL には構文「 file:PathName 」があります。PathName は、Classpath で利用可能なファイルの相対または絶対パス名になります。提供された PathName は、Java の組み込みファイル URL ハンドラー によって解析されます。そのため、PathName 構文は Java パス名の通常の規則に従います。特に Windows では、各バックスラッシュを別のバックスラッシュでエスケープするか、スラッシュに置き換える必要があります。

15.1.2. 例

たとえば、Windows ではパス名 C:\Projects\camel-bundle\target\foo-1.0-SNAPSHOT.jar について考えてみましょう。以下の例は、Windows でのファイル URL の正しい代替手段を示しています。

file:C:/Projects/camel-bundle/target/foo-1.0-SNAPSHOT.jar
file:C:\\Projects\\camel-bundle\\target\\foo-1.0-SNAPSHOT.jar

以下の例は、Windows でのファイル URL の正しくない代替手段を示しています。

file:C:\Projects\camel-bundle\target\foo-1.0-SNAPSHOT.jar        // WRONG!
file://C:/Projects/camel-bundle/target/foo-1.0-SNAPSHOT.jar      // WRONG!
file://C:\\Projects\\camel-bundle\\target\\foo-1.0-SNAPSHOT.jar  // WRONG!