Menu Close

7.2. バンドルのインストールおよび解決

bundle:install コマンドを使用してバンドルをインストールすると(- s フラグなし)、カーネルは指定されたバンドルをインストールし、これを解決された状態に配置しようとします。バンドルの解決が何らかの理由で失敗した場合 (たとえば、その依存関係の 1 つが満たされない場合など)、カーネルはバンドルをインストール済み状態のままにします。

後で(依存関係が見つからない場合など)、以下のように bundle:resolve コマンドを実行して、バンドルを解決した状態に移動できます。

bundle:resolve 181

引数(181 の場合)は、解決する必要のあるバンドルの ID に置き換えます。