Menu Close

15.5.2. 構文

War URL は、以下の構文のいずれかを使用して指定されます。

war:warURL
warref:instructionsURL

war スキームを使用して最初の構文で、デフォルトの指示を使用してバンドルに変換される WAR ファイルを指定します。warURL は、WAR ファイルを見つける任意の URL です。

warref スキームを使用して、2 番目の構文で、変換手順(このハンドラーに固有の手順を含む)が含まれる Bnd プロパティーファイルである instructionsURL を指定します。この構文では、参照された WAR ファイルの場所は URL に明示的に示されません。WAR ファイルは、プロパティーファイルの(必須) WAR-URL プロパティーによって指定されます。