Menu Close

16.5. 設定ファイルの命名規則

設定ファイルの命名規則は、設定が OSGi Managed Service または OSGi Managed Service ファクトリーであるかどうかによって異なります。

OSGi Managed Service の設定ファイルは、以下の命名規則に従います。

<PID>.cfg

ここで、<PID> は OSGi 管理サービス の永続 ID です(OSGi Configuration Admin 仕様で定義されます)。通常、永続 ID はドットで区切られた(例: org.ops4j.pax.web )です。

OSGi Managed Service Factory の設定ファイルは、以下の命名規則に従います。

<PID>-<InstanceID>.cfg

ここで、& lt;PID> は OSGi Managed Service Factory の永続 ID です。マネージドサービスファクトリーの <PID> の場合には、 ハイフンとそれに続く任意のインスタンス ID <InstanceID> を追加できます。マネージドサービスファクトリーは、見つかった各 <InstanceID> に一意のサービスインスタンスを作成します。