Menu Close

17.2.3.8. キーベースの SSH を使用したログイン

これで、キーベースの SSH ユーティリティーを使用してコンテナーにログインできるようになりました。以下は例になります。

$ ssh -p 8101 jdoe@localhost
____          _   _   _       _     _____
|  _ \ ___  __| | | | | | __ _| |_  |  ___|   _ ___  ___
| |_) / _ \/ _` | | |_| |/ _` | __| | |_ | | | / __|/ _ \
|  _ <  __/ (_| | |  _  | (_| | |_  |  _|| |_| \__ \  __/
|_| \_\___|\__,_| |_| |_|\__,_|\__| |_|   \__,_|___/___|

  Fuse (7.x.x.fuse-xxxxxx-redhat-xxxxx)
  http://www.redhat.com/products/jbossenterprisemiddleware/fuse/

Hit '<tab>' for a list of available commands
and '[cmd] --help' for help on a specific command.

Open a browser to http://localhost:8181/hawtio to access the management console

Hit '<ctrl-d>' or 'shutdown' to shutdown Red Hat Fuse.

karaf@root()>
注記

暗号化された秘密鍵を使用している場合は、ssh ユーティリティーによりパスフレーズの入力が求められます。