Menu Close

第17章 リモート接続を使用したコンテナーの管理

ローカルコンソールを使用してコンテナーを管理することは必ずしも意味がありません。Red Hat Fuse には、コンテナーをリモートで管理する方法が複数あります。リモートコンテナーのコマンドコンソールを使用するか、リモートクライアントを起動できます。

17.1. リモートアクセスのためのコンテナーの設定

17.1.1. 概要

Red Hat Fuse ランタイムをデフォルトモードまたは 「サーバーモードでのランタイムの起動」 で起動する場合、他の Fuse コンソールから SSH 経由でアクセスできるリモートコンソールが有効になります。リモートコンソールは、ローカルコンソールのすべての機能を提供し、リモートユーザーがコンテナーと、そのコンテナー内で実行されているサービスを完全に制御できるようにします。

注記

「クライアントモードでのランタイムの起動」 で実行される場合、Fuse ランタイムはリモートコンソールを無効にします。

17.1.2. リモートアクセスのためのスタンドアロンコンテナーの設定

SSH ホスト名とポート番号は INSTALL_DIR/etc/org.apache.karaf.shell.cfg 設定ファイルで設定されます。リモートアクセスのポートの変更 に、使用するポートを 8102 に変更する設定例を示します。

リモートアクセスのポートの変更

sshPort=8102
sshHost=0.0.0.0