Menu Close

第14章 デプロイメントのフェイルオーバー

概要

Red Hat Fuse は、簡単なロックファイルシステムまたは JDBC のロッキングメカニズムのいずれかを使用して、フェイルオーバー機能を提供します。いずれの場合も、コンテナーレベルのロックシステムによって、より高速なフェイルオーバーのパフォーマンスを提供するためにバンドルをスレーブカーネルインスタンスに事前ロードできます。

14.1. シンプルなロックファイルシステムの使用

概要

Red Hat Fuse を初めて起動すると、インストールディレクトリーのルートにロックファイルが作成されます。マスターインスタンスに障害が発生した場合に、ロックが同じホストマシンにあるスレーブインスタンスに渡されるようにマスター/スレーブシステムを設定できます。

ロックファイルシステムの設定

ロックファイルのフェイルオーバーデプロイメントを設定するには、マスターとスレーブインストールの両方で etc/system.properties ファイルを編集し、例14.1「ロックファイルフェイルオーバー設定」 にプロパティーを追加します。

例14.1 ロックファイルフェイルオーバー設定

karaf.lock=true
karaf.lock.class=org.apache.karaf.main.SimpleFileLock
karaf.lock.dir=PathToLockFileDirectory
karaf.lock.delay=10000
  • karaf.lock- ロックファイルが書き込まれているかどうかを確認します。
  • karaf.lock.class-spec はロックを実装する Java クラスに対応します。単純なファイルロックの場合は、常に org.apache.karaf.main.SimpleFileLock である必要があります。
  • karaf.lock.dir- ロックファイルが書き込まれるディレクトリーを指定します。マスターとスレーブのインストール両方で同じである必要があります
  • karaf.lock.delay-specify(ミリ秒単位)、ロックの再取得を試行するまでの遅延。