Menu Close

16.3. 設定ファイル

以下のファイルを使用して、Red Hat Fuse ランタイムを設定できます。

表16.1 Fuse 設定ファイル

ファイル名説明

config.properties

コンテナーの主な設定ファイル。

custom.properties

コンテナーのカスタムプロパティーの主な設定ファイル。

keys.properties

SSH キーベースのプロトコルを使用して Fuse ランタイムにアクセスできるユーザーをリストします。ファイルの内容は username=publicKey,roleの形式を取ります。

org.apache.karaf.features.repos.cfg

features リポジトリーの URL。

org.apache.karaf.features.cfg

Fuse を初めて起動したときに、登録する features リポジトリーのリストとインストールする機能のリストを設定します。

org.apache.karaf.jaas.cfg

Karaf JAAS ログインモジュールのオプションを設定します。主に暗号化パスワードの設定に使用されます (デフォルトでは無効) 。

org.apache.karaf.log.cfg

ログ コンソールコマンドの出力を設定します。

org.apache.karaf.management.cfg

JMX システムを設定します。

org.apache.karaf.shell.cfg

リモートコンソールのプロパティーを設定します。

org.ops4j.pax.logging.cfg

ロギングシステムを設定します。

org.ops4j.pax.transx.tm.narayana.cfg

Narayana トランザクションマネージャーの設定

org.ops4j.pax.url.mvn.cfg

追加の URL リゾルバーを設定します。

org.ops4j.pax.web.cfg

デフォルトの Undertow コンテナー (Web サーバー) を設定します。『Red Hat Fuse Apache CXF Security Guide』の「Securing the Undertow HTTP Server」を参照してください。

startup.properties

コンテナーで起動するバンドルと、その開始レベルを指定します。エントリーは bundle=start-level 形式を取ります

system.properties

Java システムプロパティーを指定します。このファイルに設定したプロパティーは、System.getProperties() を使用してランタイム時に利用できます。

users.properties

リモートまたは Web コンソールを介して Fuse ランタイムにアクセスできるユーザーを一覧表示します。ファイルの内容は、username =password,roleの形式を取ります。

setenv または setenv.bat

このファイルは /bin ディレクトリーにあります。JVM オプションの設定に使用されます。ファイルの内容は JAVA_MIN_MEM=512M の形式を取ります。512 M は Java メモリーの最小サイズです。詳細は、「Java オプションの設定」 を参照してください。