Menu Close

9.4. ローカルリポジトリー URL の機能サービスへの追加

Apache Karaf で新機能リポジトリーを利用できるようにするには、features:addurl console コマンドを使用して feature リポジトリーを追加する必要があります。たとえば、リポジトリーの内容(C :\Projects\features.xml )をカーネルで使用できるようにするには、以下のコンソールコマンドを入力します。

features:addurl file:C:/Projects/features.xml

features:addurl の引数は、サポートされる URL 形式で指定できます( 15章URL ハンドラーを参照)。

features:listUrl console コマンドを入力し、以下のように、登録されたすべての feature repository URL の完全なリストを取得して、リポジトリーの URL が正しく登録されていることを確認できます。

JBossFuse:karaf@root> features:listUrl
file:C:/Projects/features.xml
mvn:org.apache.ode/ode-jbi-karaf/1.3.3-fuse-01-00/xml/features
mvn:org.apache.felix.karaf/apache-felix-karaf/1.2.0-fuse-01-00/xml/features