Menu Close

9.6. OSGi 設定の機能への追加

アプリケーションが OSGi Configuration Admin サービスを使用する場合は、機能定義の config 子要素を使用して、このサービスの設定を指定できます。たとえば、prefix プロパティーに値 MyTransform が設定されていること を指定するには、以下の config 子要素を機能の設定に追加します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<features name="MyFeaturesRepo">
  <feature name="example-camel-bundle">
    <config name="org.fusesource.fuseesb.example">
      prefix=MyTransform
    </config>
  </feature>
</features>

config 要素の name 属性は、プロパティー設定 の永続 ID を指定します(永続 ID は、プロパティー名の名前スコープとして機能します)。config 要素の内容は、Java プロパティーファイルと同じ方法で解析されます

config 要素の設定は、以下のように、永続 ID の後に名前が付けられる InstallDir/etc ディレクトリーにある Java プロパティーファイルの設定によって任意で上書きできます。

InstallDir/etc/org.fusesource.fuseesb.example.cfg

上記の設定プロパティーを使用する方法の例として、OSGi 設定プロパティーにアクセスする以下の Blueprint XML ファイルを見てみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<blueprint xmlns="http://www.osgi.org/xmlns/blueprint/v1.0.0"
           xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
           xmlns:cm="http://aries.apache.org/blueprint/xmlns/blueprint-cm/v1.1.0">

    <!-- osgi blueprint property placeholder -->
    <cm:property-placeholder id="placeholder"
                             persistent-id="org.fusesource.fuseesb.example">
        <cm:default-properties>
            <cm:property name="prefix" value="DefaultValue"/>
        </cm:default-properties>
    </cm:property-placeholder>

    <bean id="myTransform" class="org.fusesource.fuseesb.example.MyTransform">
      <property name="prefix" value="${prefix}"/>
    </bean>

</blueprint>

このブループリント XML ファイルが example-camel-bundle バンドルにデプロイされると、プロパティー参照 ${prefix} は feature リポジトリーの config 要素によって指定される MyTransform の値に置き換えられます。