Menu Close

4.4. SysV

karaf-service.sh ユーティリティーが SysV システムを識別すると、以下の 2 つのファイルが生成されます。

  • ルート Apache Karaf コンテナーを管理する init スクリプト。
  • ルート Apache Karaf コンテナーによって使用される変数が含まれる環境ファイル。

たとえば、/opt/karaf-4 にインストールされた Karaf インスタンスのサービスを設定するには、サービス名 karaf-4 を指定します。

$ ./karaf-service.sh -k /opt/karaf-4 -n karaf-4
Writing service file "/opt/karaf-4/bin/contrib/karaf-4"
Writing service configuration file "/opt/karaf-4/etc/karaf-4.conf"
$ sudo ln -s /opt/karaf-4/bin/contrib/karaf-4 /etc/init.d/
$ sudo chkconfig karaf-4 on
注記

起動時にサービスの開始を有効にするには、オペレーティングシステムの init ガイドを参照してください。