Menu Close

6.4. bundle:watch を使用したバンドルの自動再デプロイ

開発者がバンドルを絶えず変更し、再構築している開発環境では、通常、バンドルを複数回再インストールする必要があります。bundle:watch コマンドを使用すると、Karaf に対してローカルの Maven リポジトリーを監視し、ローカルの Maven リポジトリーで変更されると、特定のバンドルを自動的に再インストールできます。

たとえば、特定の bundle-with バンドル ID 751- この場合、以下のコマンドを入力して自動再デプロイメントを有効にできます。

bundle:watch 751

ローカルの Maven リポジトリーに Maven アーティファクトを再構築してインストールすると(Maven プロジェクトで mvn install を実行するなど)、Karaf コンテナーによって変更した Maven アーティファクトが自動的に再インストールされます。詳細は『Apache Karaf Console Reference』を参照してください。

重要

bundle:watch コマンドの使用は開発環境を目的としています。実稼働環境での使用は推奨されません