Menu Close

4.7. karaf-service.sh オプション

karaf-service.sh ユーティリティーのオプションをコマンドラインオプションとして指定するか、以下のように環境変数を設定して指定できます。

コマンドラインオプション環境変数説明

-k

KARAF_SERVICE_PATH

Karaf のインストールパス

-d

KARAF_SERVICE_DATA

Karaf データパス(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_PATH}/data

-c

KARAF_SERVICE_CONF

Karaf 設定ファイル(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_PATH}/etc/${KARAF_SERVICE_NAME}.conf

-t

KARAF_SERVICE_ETC

Karaf などの パス(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_PATH}/etc})

-p

KARAF_SERVICE_PIDFILE

Karaf PID パス(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_DATA}/${KARAF_SERVICE_NAME}.pid

-n

KARAF_SERVICE_NAME

Karaf サービス名(デフォルトでは karaf

-e

KARAF_ENV

サービスの環境変数設定 NAME=VALUE を指定します(複数回指定できます)。

-u

KARAF_SERVICE_USER

Karaf ユーザー

-g

KARAF_SERVICE_GROUP

Karaf グループ(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_USER})

-l

KARAF_SERVICE_LOG

Karaf コンソールログ(デフォルトは ${KARAF_SERVICE_DATA}/log/${KARAF_SERVICE_NAME}-console.log

-f

KARAF_SERVICE_TEMPLATE

使用するテンプレートファイル

-x

KARAF_SERVICE_EXECUTABLE

Karaf 実行可能ファイル名(デフォルトは karaf Portal でデーモン コマンドおよび stop コマンドをサポートする必要がある)

-h

 

ヘルプメッセージ