Menu Close

16.10.11. 機能設定ファイル

<config/> 要素を使用する代わりに、& lt;configfile/> 要素を指定できます。

<configfile finalname="/etc/myfile.cfg" override="false">URL</configfile>

<config/> 要素を使用する場合)Apache Karaf 設定レイヤーを直接操作する代わりに、& lt;configfile/> 要素は URL で指定されたファイルを直接取得し、finalname 属性で指定された場所のファイルをコピーします。

指定されていない場合、場所は KARAF_BASE 変数から相対します。${karaf.home}、${karaf.base}、${karaf.etc}、またはシステムプロパティーなどの変数を使用することもできます。

たとえば、以下のようになります。

<configfile finalname="${karaf.etc}/myfile.cfg" override="false">URL</configfile>

ファイルが目的の場所にすでに存在する場合は、既存のファイルにカスタマイズが含まれている可能性があるため、そのファイルは保持され、設定ファイルのデプロイメントはスキップされます。この動作は、上書きを true に設定すると 上書きできます

ファイル URL は Apache Karaf でサポートされる URL です (詳細は、ユーザーガイドの 「アーティファクトリポジトリーおよび URL」を参照してください) 。

16.10.11.1. 要件

機能は、想定される要件を指定することもできます。機能リゾルバーは要件を満たそうとします。そのため、これは機能およびバンドル機能を確認し、要件を満たすためにバンドルを自動的にインストールします。

たとえば、機能に以下を含めることができます。

<requirement>osgi.ee;filter:=&quot;(&amp;(osgi.ee=JavaSE)(!(version&gt;=1.8)))&quot;</requirement>

この要件は、JDK のバージョンが 1.8 でない場合のみ (よって基本的に 1.7) 、機能が動作すること指定します。

機能リゾルバーは、オプションの依存関係が満たされるときにバンドルを更新し、オプションのインポートを再度ワイヤーすることもできます。