Menu Close

16.9.3.3. エイリアス

エイリアスは、指定コマンドに関連する別の名前です。

shell:alias コマンドは新しいエイリアスを作成します。たとえば、list -installed-features エイリアスを実際の feature:list -i コマンドに指定するには、以下を実行できます。

karaf@root()> alias "list-features-installed = { feature:list -i }"
karaf@root()> list-features-installed
Name       | Version | Required | State   | Repository     | Description
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
feature    | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Features Support
shell      | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Karaf Shell
deployer   | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Karaf Deployer
bundle     | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide Bundle support
config     | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide OSGi ConfigAdmin support
diagnostic | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide Diagnostic support
instance   | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide Instance support
jaas       | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide JAAS support
log        | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide Log support
package    | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Package commands and mbeans
service    | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide Service support
system     | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide System support
kar        | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide KAR (KARaf archive) support
ssh        | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide a SSHd server on Karaf
management | 4.0.0   | x        | Started | standard-4.0.0 | Provide a JMX MBeanServer and a set of MBeans in

ログイン時に、Apache Karaf コンソールは、エイリアスを作成できる etc/shell.init.script ファイルを読み取ります。Unix の bashrc やプロファイルファイルに似ています。

ld = { log:display $args } ;
lde = { log:exception-display $args } ;
la = { bundle:list -t 0 $args } ;
ls = { service:list $args } ;
cl = { config:list "(service.pid=$args)" } ;
halt = { system:shutdown -h -f $args } ;
help = { *:help $args | more } ;
man = { help $args } ;
log:list = { log:get ALL } ;

ここで、デフォルトで利用可能なエイリアスを確認できます。

  • ld はログを表示する短い形式です(log :display コマンドのエイリアス)。
  • lde は例外を表示する短い形式です( log:exception-display コマンドのエイリアス)。
  • la は、バンドルを一覧表示する短い形式です( bundle:list -t 0 コマンドのエイリアス)。
  • ls は、全サービスを一覧表示する短い形式です( service:list コマンドのエイリアス)。
  • CL は、すべての設定を一覧表示する短い形式です(config :list コマンドのエイリアス)。
  • halt は Apache Karaf をシャットダウンする短い形です(alias to system:shutdown -h -f command)。
  • help は、ヘルプを表示する短い形です(* :help コマンドのエイリアス)。
  • man は help(コマンドのヘルプのエイリアス) と同じです
  • log:list は、すべてのロガーおよびレベルを表示します( log:get ALL コマンドのエイリアス)。

etc/shell.init.script ファイルに独自のエイリアスを作成できます。