Menu Close

第7章 Red Hat Single Sign-On との統合

Red Hat Single Sign-On (RH-SSO) オプションは JAAS と連携して、Fuse および Fuse 管理サービス (SSH、JMX、および Fuse Management Console) 内部で実行されている特定の Web クライアントアプリケーションおよびサービスに対してエンタープライズのセキュリティーを提供します。

アダプターは、Red Hat Fuse の以下のタイプのコンテナーに提供されます。

7.1. Spring Boot コンテナーのアダプター

Spring Boot コンテナーのアダプターは、以下の組み込み Web コンテナーをサポートします。

  • Undertow
  • Jetty
  • Tomcat

Spring Boot コンテナーの Red Hat Single Sign-On アダプターのインストールおよび使用に関する詳細は、Red Hat Single Sign-On『Securing Applications and Services Guide』の「Spring Boot Adapter」を参照してください。

7.2. Apache Karaf コンテナーのアダプター

Apache Karaf コンテナーのアダプターは、以下のコンポーネントを保護できます。

  • Pax Web War Extender で Fuse にデプロイされた Classic WAR アプリケーション。
  • Pax Web Whiteboard Extender で OSGi サービスとして Fuse にデプロイされたサーブレットと、標準の OSGi Enterprise HTTP Service である org.osgi.service.http.HttpService#registerServlet()` を介して登録された追加サーブレット。
  • Camel Undertow コンポーネントで実行される Apache Camel Undertow エンドポイント。
  • 個別の Undertow エンジンで実行される Apache CXF エンドポイント。
  • CXF サーブレットによって提供されるデフォルトエンジンで実行されている Apache CXF エンドポイント。
  • SSH および JMX 管理者アクセス。
  • Hawtio 管理コンソール

Apache Karaf コンテナーの Red Hat Single Sign-On アダプターのインストールおよび使用に関する詳細は、Red Hat Single Sign-On『Securing Applications and Services Guide』の「JBoss Fuse 7 Adapter」を参照してください。

7.3. JBoss EAP コンテナーのアダプター

JBoss Enterprise Application Platform (EAP) コンテナーのアダプターは、WAR のセキュリティーを提供し、URL でロールベースのセキュリティー制約を定義できます。

JBoss EAP コンテナーの Red Hat Single Sign-On アダプターのインストールおよび使用に関する詳細は、Red Hat Single Sign-On『Securing Applications and Services Guide』の「JBoss EAP Adapter」を参照してください。